カテゴリ:簡単洋裁( 350 )

8月9日 木曜 晴れ 旧暦 6月28日
d0101846_04542414.jpeg

おはようございます。早朝ブログです。


台風はどうなんでしょう、上陸はしてないのかな?
東の空がスキッと洗われたように綺麗な夜明けです。細い三日月も。明後日が新月。
その側の星、なんとオリオンじゃあーりませんか。

さすがっ、立秋を過ぎると冬の星座が現れてくる。素敵。


新しい型紙をWさんでまた買いましたので、張り切って作ってみました。
使った布地は春に買っておいたタータンチェックの麻の布。

あー、、でもホントに頭がふやけてました。暑さで。

そんな時に仕立ての難しいチェツクの生地なんか選ぶものだからもうたいへん。
裏も表もわからないし、変な失敗の連続で、縫っては解き、また縫い、また解く、という馬鹿なことをやって、

d0101846_05023936.jpeg
最悪、右左のポケットが脇でくっついてしまう、ということまでやらかし、、

でもその割に早く縫い上がったなと。
今度は脇の柄合わせもバッチリよ。

これね、タックスカートふうにもできるしボックスプリーツふうにも作れる、そして、スカートだけども、キュロットスカートになってる、という型紙です。
裾を絞ればバルーンスカートにもなるのです。

ちょっとこの型紙で色々作ってみようかなと。

どう?前期高齢者のタータンチェック。
タータンチェックって、後期高齢者になっても着られると思う。
意外と可愛い。
白髪のおばあちゃんが、タータンチェックのスカートなんて素敵。

ブラウスが出来るくらい生地が余ったのでツーピースにしてみるね。


d0101846_05132142.jpeg

8月1日 水曜 晴れ 旧暦 6月20日
d0101846_07115361.jpeg
8月に入りましたね。逆らわず沿うて流れていく、そんなふうにやり過ごしたいものです。

懐かしい雰囲気の漂う小花柄のサッカー地で、夏の家着を作ってみました。

写真はまだ裾と袖のかがりが出来てないですが、昨日仕上がりました。

形は作務衣の変形です。

エリがあるというのが、あんがい夏には便利。襟元の汗を吸収してくれます。

生地が薄かったので一枚で着るのは無理かな。

下に楊柳のシャツなんか着て。

サッカー地も優劣があって、これはちょっと もあっとする。

質のいい生地を買い込んで外着も作ろう。

d0101846_07334989.jpeg




d0101846_07303436.jpeg
ブルーベリーもジャムに出来た。
濃すぎたので、半分冷凍して、半分は薄めて煮直した。おいしいよ。





7月18日 水曜 晴れ 旧暦6月6日
d0101846_02151165.jpeg
熱中症で倒れたとお思いでしょうが、寝坊しました。

いや、夜中に目が覚めてしもうて、それから映画なんか観たりして、その後ぐっすり寝てしまいました。

いやはや、連日日本一の暑さ。
今日も39度だってよ。

涼しい部屋で洋裁なんかして過ごしてますよ。
また、型紙いじってますが、もういじらずにストレートに行こうっと。
こんな暑い時にあれこれ考えられんもん。

d0101846_08210288.jpeg
しかし、こんなに暑くても食欲衰えずにいられることに感謝。
昨日は生姜焼き、その前はステーキ、と、お腹が減ってシアワセ。
人生初期の頃は暑いと何も食べられずぐったりしていた。

食前酒に まっこり を飲んでいる。甘酒がわり。いいみたい。


夜中に観た映画は「インサイドマン」

これは映画館でも観た映画だ。インド音楽が使ってあって一気にのめり込んで観たっけ。
どんな内容だったか細部を忘れたので観ている。途中で寝てしまった。
銀行強盗なんだけど、目的が強盗じゃないというような謎のおはなしだったような。

ついこの前何か閃いたのよ。
都会の銀行とか、あれ、秘密の地下通路で繋がってんじゃねーの?ってね。
おっ、妄想ですよねー、39度もあるとこうなりますよねー。

さて、今日はまた午後から映画三昧としよう。
昨日まではテレビドラマのローマを見ていた。
暑苦しい映画だったが、俳優さんの顔が石膏像にそっくりで、ああ、これは照明の当て方を顔の片方だけ当てているからそう見えるんだな、とか思いながら観ていた。
あんな時代に生まれなくてよかったばい。
いや、生まれてたのかもしれないけれども…
ああいうの観てると人間って徐々に向上して行ってるように思えるのだが、一緒かな、変わってないのかな。


おっ、アブラゼミ やっぱり鳴きだしましたよ。都で祇園祭が行われる頃必ず鳴き出すんですよ。



7月11日 水曜 曇り 旧暦 5月28日
d0101846_05301695.jpeg
天を突き破るような入道雲なんか見てると元気ハツラツ。
…ちと、ポジティブぶってみました。。
台風の影響でしょうか、また今日はズシンと重いですね。

昨日はそれでも爽やかな日だったので、やりかけの洋裁ブツを仕上げました。

これは、ちょっと型紙を自分でいじってみました。
型紙からオリジナルちゅうのが、自分のススム道、という感じがしまして、大いに色々いじってみたい、そんな気分です。


この人たち、呼んだんじゃないんですけどね、、暑苦しいですね…


これは、この前の楊柳で作ったのを前明きにして、ベストのようにしようとした、試作品です。
ちょいとキツイかな。
もう少し余裕を持たせて。
ノースリーブTシャツの上にベスト、というのが意外と便利なことに気がつきましたよ。

d0101846_05274706.jpeg
↑こちらは過去作なんですが、作務衣風の羽織もの。
この際、袖を取ってしまいまして、毎日愛用しています。
これ、結構便利です。
湯上りのアッパッパの上に一段落したらこれを羽織って襟元キュッと締めておけば、そうだらしなくもない。
和風のエリが付いてるのも便利ですね。汗を吸い取ってくれるので開けてるより気持ちいいです。

ちょっと似合わない、というのが改善点です。
少し工夫して似合うような形にできればいいですね。

上の猫まみれな方のは似合いますので、両方のいいとこを合体すればいいですね。


今日、当地は35度予想でてるんですよ。困るなぁ、急に夏がやってきて〜




そうそう、洋裁カテゴリついでに出そうと思ってたの追加ね。

d0101846_05564627.jpeg
カッコいいでしょう、このサングラスのカノジョ。
ニューヨークで大学の准教授をされてたのか、されてるのか、という履歴とのギャプもおもしろいよね。で、今はモデル??
Lyn Slater という方。
お年は60半ば。

この方の着こなしのポイントはアクセサリーと靴かな。




7月6日 金曜 雨
d0101846_16131925.jpeg
暇なので洋裁のカテゴリで再投稿。

楊柳(ようりゅう)という生地を買ったので夏用のインナーに仕立ててみた。

インナーといっても下着の部類で表には出せない。
もう、廃れてしまったステテコなんかがこの生地で出来ていて、昔のお婆さんは夏になるとこの生地で出来たシミーズなんかを着ていたのだ。

色々考えても、夏はやっぱりこの生地以上に涼しい生地はないのではないかと、前から探していた。
この前教えていただいたネットの生地屋さんで取り扱いがあったので試しに買ってみました。
理想は、もうちょっとパリっとしてて欲しかったが、真っ白でなくブルーグレーで、これはなかなかいい。

d0101846_16133460.jpeg
↑こんな生地ね。
パキッとしてたような記憶は麻混の上等だったのかな。
これも、でも、仕立てて着てみると、風通しも良くなかなか気持ちがいい。
きっと水を潜る度に良くなって行くだろう。

前に既製品でこういうの見つけたのだが形がお婆さんふうで気に入らなかった。
この形なら若々しく着られそう。



7月4日 水曜 雨 (台風通過) 旧暦 5月21日
d0101846_06152361.jpeg
台風が通過してるみたいじゃないですか。
頭が押される感じで、もう普段の十分の1も脳が活動してないみたいですよ。

普段からそう活動してないのが十分の1になるととんでもないことです。

シマシマのキレなんかに手を出しちゃってまた失敗してますよ。
シマシマは柄合わせがムツカシイ、ってのをこのヒトは未だ理解できんようで…

今回の原因は、横縞と縦縞の二枚作ろう、ということに意識が行っちゃってて、柄合わせ、も一応頭にあったつもりなんだけど、何にも出来てへんやない…

そーそー、縦縞の方の脇を柄に沿うてまっすぐ縫おう、ということに意識が集中して、肩や、柄を中央に持ってくることも飛んじゃってますよ。

そもそも二枚も作らずに一枚をキッチリ柄合わせしたらよかったのです。

自慢じゃないけど頭悪過ぎ。


他にも作りたいものが山積みで、これはしばらくこのまま保留にしよう。

d0101846_06274856.jpeg
南無南無な暗さ。

南が無いってどーいうことよ。



6月29日 金曜 曇り 旧暦 5月16日
d0101846_16515486.jpeg
面白かった物語を見終えると、ポカッと穴が開いたような気分になる。
もっと刺激が欲しい、という気分なんだろうか。
そして退屈がやってくる。

退屈を味わう時期もあり、何もしないでただ、退屈な時間をソファに寝転びながら過ごすこともある。

三日ほどでそれにも飽きたので、何か作る。

そうだ、作ることほど退屈を紛らわしてくれるものはないのだ。

昨日は帽子を作った。
羽織ものの生地が風を通していい感じなので、頭の部分(これをクラウンと言う)をこれ一枚にした。
つばの部分は張りを持たせないと顔に垂れ下がってきて視界を妨げる事もあり危ないので、しっかり接着芯を貼り、二重にして内側の布は分厚いのにした。

二、三年前にクラウンをレースにしたのを作った。涼しかったが、つばの部分が柔らかすぎた。
今度は硬くて自転車に乗っても大丈夫。


ついでに裁断してほったらかしにしていた腕カバーも二組縫った。


今朝は順調に早起きしたので、野菜畑の草取りをした。
これで4日くらいは大丈夫だろう。
西の方に黒い雲の壁がある。早くスッキリ晴れてほしい。

誰もいない外で俯いて草取りするのって、ちょっと怖いよ。
下ばっかり向いてるから、誰かひょっこり横に立たれてもわかんないし、アライグマがそこに立っているかもしれないのだ。






d0101846_17052671.jpeg
落書きがいろんな風に並べられる写真アプリで遊んでみた。

d0101846_17054801.jpeg
d0101846_17060495.jpeg




6月28日 木曜 曇り 旧暦 5月15日
d0101846_19083673.jpeg
絵に描いたような梅雨だねぇ。
夏の羽織もの出来た。裏を手でまつってたので暇がかかった。
あっ、ポケットつけるの忘れてる。

分厚く見えるが目が荒いので風通しがいい。冷房対策にちょうどいいかな。


庭に出ると露草が一つ咲いていた。

黄金グモは連日餌が獲れて、丸々と太ってきた。


「クチナシの花は咲いた後があかん、きたない」
という会話を何十年も前に聞いたことがあって、そんなこと言った人のことなど、普段は全くと言っていいほど思い出さないのに、
クチナシの花が茶色く醜い姿を晒しながら木の上で枯れていくのを見ると、不思議にその言葉を思い出す。

変なものだ。

自分が何気に言った事も、こういうふうに誰かの耳に残り、その事に遭遇するたびに私のことが思い出されるのだとしたら、どちらかと言えば嬉しいよりも困った事態だろう。


d0101846_19032944.jpeg
久し振りに野菜の買い出しに行った。
イボイボの胡瓜やトウモロコシ、葉っぱはほうれん草と空芯菜。

d0101846_07233200.jpeg
胡瓜と小さな茄子はぬか漬けにした。

d0101846_19024819.jpeg
トウモロコシはやっぱりトウモロコシご飯。
今日は1カップの米に二本分入れた。

炊きたてにバターを乗っけて醤油を垂らしかけて喰らう。



6月11日 月曜 曇り 旧暦 4月28日
d0101846_05421792.jpeg

梅雨時らしく、頭は呆然としています。
おうちに居られてシアワセ。

オリジナルプリントの服出来上がり。
袖つけたら、そう不自然でもなく収まったので初年度はこれでいきます。
普段着に降格したら袖を取ってフレンチにしようかな。
生地をあるだけ使ったので七分袖になってるが、半袖でもいいかな。

ちょっと‥ 板前さんみたいです。。 和風ですね。うむ。
今度は浴衣風の柄、、ちゅうのでもええかな。


http://wildberryshop.jugem.jp/?eid=2162

型紙はワイルドベリーさんのワンピースという型紙をエリとか脇スリットとか色々変形して使ってます。↑ 先日のブログ記事でプチプラの悲劇みたいなことや、国産の生地屋さんを応援しようというような内容の熱い記事がありました。
私も賛同したい気持ちです。皆んなが幸せに暮らしていける世の中を。

d0101846_05531103.jpeg
このソックス、昨日買ったんですが、なかなか機能面で優秀です。
アシックスの。 men'sだけど24ー26サイズなので履けないこともない。
土踏まずのとこの締まりもいいし、指のあたりがゆったりしてるのもいい。
足首の締め付け感もない。
たかがソックス、されどソックスよ。

なかなか適当なソックスが見つからないのでこれは有難い。
値段もうれしい。
なんだかmen'sの方が何かにつけ優秀じゃなぁい?

でもこういうの一ヶ月くらいは履いてみないと本当のことはわからないからね。ひと月でボロボロになったりするのもあるのよ。これはまぁだいじょうぶだろうけど。



ところで、話変わるが、ダウジング って知ってた?
いやぁー、こっくりさんみたいなもんだけどね、ほら、ヒモの先に重りをつけて揺らすあれ。
あれが、鉱脈を探し出したり水脈をさがすのに使われてるって、ほんまかいな、それ、めっちゃ興味あるわ。

いえね、山師という人たちがどうやって鉱脈を探し当てるのだろうと、とても不思議だったのよ。
何か超能力があるんかい って思ってたんだけど、一種の超能力だよね。

うむむ、急にその道具が欲しくなってきましたわ。
別に五円玉でもいいんだけど、ここはやはり水晶とかね。




6月6日 水曜 雨 旧暦 4月23日
d0101846_06322072.jpeg
猫が活けてある花をかじり出した。草が食べたいのか、と、傘をさして外に出て草を摘んでくる。
ツンツンに尖った猫好みの草だ。
喜んでハグハグしていた猫たちはその後盛大にゲボをした。

チェックのエプロン服にシマシマのスエットという出で立ちの今日である。
シマシマのスエットなんて、ともっぱら下着扱いだったが、別に差し支えないみたい。

雨で鬱陶しいので、首元に安もんのキラキラブローチを止めた。
キラキラ光ってるとなんだか嬉しい。
クリスマスの灯りもつけてある。

リンパマッサージやってますよ。一昨日はスカートはいて、そして、冷えて、おなか痛くなったトホホな日でした。



ハサミを入れる時ドキドキしましたが、なんとか裁断も失敗なく出来てほっとしました。
まだ途中画像ですが、ストライプと四角の継ぎ目の空白を利用して、こんなふうな配置にしました。
袖が取れる分の生地があるので袖も付けてみますが、このノースリーブ、着てみると半袖ですが、この形がスッキリのような気がする。
袖の部分は四角の柄になるけども、それがうまく馴染むのかどうか、一回付けてみます。

肩の柄合わせもバッチリ正確です。
脇はシンプルに真っ直ぐ下ろしました。柄の関係上ね。
スリットを両脇に入れてあります。
襟ぐりが少しギリギリ。布帛の時はもう少し開けなきゃね、このパターン。