人気ブログランキング |

カテゴリ:人形( 133 )

d0101846_07280549.jpeg
本日二つ目の投稿。

写真は昨日誕生した子。

ミョウガで思い出したが、

「冥加がわるい」という言葉がある。

冥加(ミョウガ) 調べると、

気がつかないうちに授かっている神仏の加護・恩恵

と出る。

ものを粗末にした時など、「冥加がわるいぇ」と大人に言われて育った。

洗脳かも知れないが中々これから抜けられず、捨てなきゃいけないものまで取って置いたりする。

最近は、もうお役目の終わったものは処分とさせて貰ってるが、

今時の断捨離には抵抗がある事は確かだ。

特にまだ使えるものをポイポイ捨てるなどという事は、やはり、神仏の加護に唾してるような気がしてしまうのだ。

いただいたものの命を精いっぱいに使い切るというのが、やっぱり自分の主義なのだ。

限られた地球の資源、こんなに無駄遣いしていいはずはないだろう。








8月3日 土曜 晴れ 旧暦 7月3日

d0101846_07470157.jpeg

やれやれ、また熱帯夜で早朝すぎる早朝に目が覚めて二度寝。

昨日も体温越え祭♪

服を着替える時、前か後ろか分からずモタつくので、今度、前身頃と後ろ身頃を違う生地で作ってみようかしら。



これを作った時の作業用BGM.



6月15日 土曜日 雨 旧暦 5月13日
d0101846_19263745.jpeg

なんとまぁ よく 降りますこと。


流し台の下がカビ臭くなってきたので2年ぶりに全部出して掃除しました。
確か、この前はこの場所に子猫だった33こが写っていた記憶。

ああ、さっぱり。



d0101846_06265022.jpeg
田辺聖子さんの本が一冊残ってまして、昭和53年に出された本で
「篭にりんご テーブルにお茶」というタイトル。

目次を見てみると、なんとかの楽しみ、というのが多い。

自分もここでよくなんとかの楽しみというようなタイトルをつける事があるが、ルーツはここからだったのかと、
知らぬ間に栄養になっていたことよ。

この中で一つだけよく覚えている内容のがある。

ぴかぴか

というの。

これを読んで流し下を掃除したわけではないが、たまたま。
(だいたい、料理を作るのは好きだが後片付けは大嫌いなのだ)

そういうふうだが、時々は食器などピカピカにするとすごくうれしい。
ものを新しく買うよりも、今あるものを磨くほうが充実感が得られる。
ものは磨くと光る。

おせいさんのピカピカを読んでるとピカピカしたくなってくるよ。



ざっと読んで、てっぺん、というのも時代を感じる。
この頃誰もがてっぺんを目指して、たいへんなことだった。
今はどうだろう。
てっぺんに登りたがる人なんているのだろうか。

ユーモアについて、というのもいい。
ユーモアって何?というような事が掘り下げてあるが、結論は出てない。

私は正面切って真面目な事を言うのが苦手で、
正面切って訓示を垂れているいる人など見ると、ちょっとクスッと笑えて、それこそがユーモラスだったりもするのだろう。



ところで話は飛ぶが、ビートさんが離婚したそうで、
Yahoo!ニュースを見ただけの知識しかないのだが、奥さんの歳が67。
で、慰謝料がいくらか知らんが、途方も無い金額のようだ。
税金対策だとかの事情があるのかもしれないようなことも書いてあったが、
自分の身に置き換えて考えてみるに、そんな歳になって、大金やら不動産やらが自分名義になったりして、
それって、うれしいことなんだろうかねぇ。

どういうふうにお金を使うかって、その人の教養とか全部出るよ。
時々考えるよ、もし途方も無いお金が自分のものになったら、
さぁ、あなたはどういうふうにそのお金を使いますか って。

無い知恵を絞って考えるに、最近、もも と みらい さん という方が北海道の林の中のお花畑に猫を放し飼いにして、カフェなどして、その様子を発信されているが、
ああ、いいなぁと憧れるのである。
いいよー、猫がお花畑や林の中を自由に走り回っている。

しかし、車が運転できないし、運転手を雇わねばならない。
熊も出るかもしれない。
カフェの仕事もしんどそう。

もうちょっといい案はないものだろうか。



5月29日 水曜 曇り 旧暦 4月25日
d0101846_22412761.jpeg
雨は上がったもののくらい。

ニュースも暗い。
「また事件」なんて知らせに来る人がいるもんで知ってしまって気鬱。

小さな子供さんを持つご家庭の不安や如何に。

この前大きなスパーに行って感じたが、駐車場などに子供連れの人が通ってると、周りが怯えてるふうに感じた。周辺を通る車はおっかなびっくり。

親も過敏だ。

◯ちゃんマンが、銀行の椅子に座っている時、後ろで子供さんが大きな声でお歌を歌っていたのだって。
◯ちゃんマンは、かわいいなぁ、お歌なんか歌ってどんな子だろ、という気で振り向いたんだそうだが、
オジさんが振り向くので親はサッと怯えて子供を腕の中に隠したそうだ。

なんだかねぇ、もう時代が煮詰まってしまって、どうしようもないとこまで来てる部分もあるのだというふうに思える。
しかし、令和になってから、こうも立て続けに何か起こるなんてどーいうことだろう。


毎日丸い玉を繋いで丸い輪を作っている。

そうだ、洋裁、この前作りかけだった白いTシャツは縫えたが、あまりギレでタンクトップも縫う手はずになっていた。

何事もがまあるく治りますように。




5月28日 火曜 曇り 旧暦 4月24日
d0101846_22035498.jpeg
草刈りをしようと身支度をして、さて刈り取ろうとしたら雨が降ってきた。
昼からの予定の雨、えらく早いなと引き下がったら、また止んだようなので、再び身支度をして草刈りに出る。

いい運動だ。
今回の雨で薔薇も終わるので、雨が上がったら剪定して、シュレッダーに掛ける。
薔薇枝の始末には本当に便利だ。
万が一トゲが飛んできても大丈夫なようにメガネ必須。

アルバムのオススメ画像のような所に、ロゴに使ってある写真が出てきた。
なんとなく変えてしまったロゴ写真だが、前のに戻そうとしても、前の画像は紛失してしまっているので、なんとなくこのままにしてある。



最近このグログの写真、多すぎじゃないかと、何時もなんとなく気が咎めている。
前は1日一枚、テキスト入れて、スクロールなしで全部見えるという形式にしていたが、この方が絵日記らしくていいのだろうね。

でも、文で説明するより写真の方が手っ取り早いもんで、ついつい写真を多出。


煮詰まってくると、つい、過去の自分のやり方をコピーしようとしてしまうが、それはあくまでコピーで新鮮味はないね。

流れのままに、こうしたいと思う方向に流れていくしかないね。

という事で、文も長過ぎた。

大量に撮ってる写真はなるたけ庭ブログに放り込んでおくことにしようかな。


あ、本格的にふりはじめてきました。




2月21日 木曜 晴れ 旧暦 1月17日
d0101846_07144594.jpeg
お雛様路線でしょうか、人形なんか作ってますよ。
まだ腕と着衣はありません。

顔がね、意識せずにいるとどんどん老け顔になっていくのを、うんと若作りを意識して作ってみました。
どうやったら、かわいいデザインになるか、とち悪戦苦闘してみますね。

目標、若づくり。





さて、えらくぬくうなりました。
このままでは済まされませんぞ、とは思っておるのですが。

最近のマイブームは、モズク卵焼きです。
そのうち写真を出しましょう。玉子もふわっと焼けておいしいのですよ。






あ、書くこと思い出しました。
昨日なくなったシャネルのデザイナーの方の関連ね。

前にアマゾンプライムで、シャネルのあのスーツの縁取りのテープね、
あれを専門に作っている職人さんを主題にしたドキュメンタリーがあったの。
製作者側としてのシャネルに視点を当てたものね。
ラガーフェルドさんも出てきましたよ。
王様ね。

縫い子さん達の様子も映ってて、
買う側よりも私はこっちになりたかったなと思ったものでしたよ。

それでね、そのテープを専門に作る人がね、
農場に住んでるの。
お婆さんだったわ。
馬なんか飼ってるの。
で、ラガーフェルドより威張ってるの。

うん、それだけ。
あのテープを作る人がいるんだと言う発見と、物を作るって楽しいなという発見をしたいいドキュメンタリーだった。

なんてタイトルか忘れたのよ。誰か知ってる?
まだ、アマゾンで観られるのかなぁ。



2月6日 水曜 曇り 旧暦 1月2日
d0101846_21563758.jpeg
どんどんよりんのドン詰まり、ってな天気です。
足の裏痛いよう。


d0101846_18213713.jpeg
昨日はこんなにいい天気だったのにね。

陽だまりの中、庭掃除なんかしましたよ。

ところで、うちの庭、大改造中です。
と言っても、去年の台風で、家を囲っていたフェンスがとうとう50年の歳月で劣化、傾いてきたので、それを取り払ったりして今工事現場中。
例によって業者に頼まず、若いもんの日曜大工に任せてるもんで、
いつ片付くのかわからんのです。

フェンスと一緒に絡まった蔦も全部取って、
なんと、そこには温室が現れたんですね。って、知ってましたけどね、温室がある事。

屋根のガラスが割れて落ちてバケツに突き刺さっているのを見てから、近づかないようにしてたんです。

で、何かしら若いもんは、ガラスをアクリル板に取り替えてカフェにするのだ、とか言ってましたわ。
もうお任せですよ。
カフェったって、営業するわけじゃないです。東屋(あずまや)と言われているようなものでしょう。
庭でちょっと休憩って時に使うアレです。

あーら、いいじゃないですか、楽しみだわ、と言っておきましたが、果たしてどうなる事やら。

絡まってる蔦を取るという仕事が途方もなくて、よくやってくれました。


しかし、ご覧のように光はもう春。
力強い光になってきました。
ポカポカ日向ぼっこしていい気持ち。
塀が取れてスカスカになって風通しが良くなった。
育つ植物も変わってくるだろう。
また草花系も植えてみたい気分。





9月11日 火曜 晴れ 旧暦 8月2日
d0101846_06581266.jpeg

なーーんだチミはっ? いえ、この涼しさ、いや寒さ?
今朝の最低気温20度。
40度の半分ですよ。

タートルネックシャツに暖か素材のズボンという出で立ちでガシガシ散歩して来ました。

帰ってきたらもう暑くなっていつもの夏服に着替えましたけどね。
今日は久しぶりに洗濯日和だな。

そろそろ目覚めないといけないな、と思いつつも静養中です。

ダラダラ映画を観てると、

ハリウッドのメイク技術はすごい進歩してることに気が付きます。
老け顔メイクがこの頃すごいのです。

あ、そうそう、チャーチルだとかの有名人に似せたメイクのもありましたね。
リンカーンのメイクのすごいのは観たっけ。

声も合成出来るんですってね。
例えばオバマの声を合成して、好きなふうに喋らせること、なんてことも出来るそうです。

ふーむ、そういうこともこれからは、踏まえて、踏まえて、
物事を見ていかないとね。

d0101846_06573806.jpeg


7月31日 火曜 晴れ 旧暦 6月19日
d0101846_16550392.jpeg
同じような画像では、見ている人より先に自分が飽きるので、作った人形の写真でも。
前に出てるとは思うがアレンジを変えた。

朝から蒸し蒸し団が居座っている。

昨日は夕飯に、まっこりを飲まなかったからか、睡眠がスッと行かなかった。
まっこりって、製造法的に悪い噂を聞いたことあるけど甘酒みたいなのでちょうどいいや、ってふうに飲んじゃってるが、ちょっといいか悪いか判断がつかないまま飲んでいる。

疲れは取れるので悪くはない。

昨日は近所のお子も連れてコメダにモーニングに行った。
ミルクシェーキなんていう懐かしいメニューがあった。
大きな瓶に入ってるの。それだけでテンション上がる。


d0101846_07085803.jpeg

なんと、ビックリの大収穫となったブルーベリー。
この40度近い気温にヒヨドリも何処かに行ったのだろうか。
私も暑くて見にも行かなかったのだが、夕方涼しくなった頃見に行ってみると、茂みの中にずいぶん実が成っている。

しばし、収穫の喜びに浸って実を摘む。

実を摘む、という行為は何か原始的な喜びに満ちている。

ブルーベリーって「イラガ」が付くので用心しないと刺されてえらい目にあう。
あまり欲張って、毛虫に刺されても詰まらんので、この辺でやめて置いた。

ジャム、というよりジュレを作るが、それはまた後日。

d0101846_07160065.jpeg



2月27日 火曜 快晴 旧暦1月12日

d0101846_06022026.jpeg
今日は快晴の見込みで、夜明けの星空も煌めいて、星の配置ももう冬ではない。
夜明けもぐんと早まって、午前6時前から空が明るくなり始める。

昨日は真っ昼間に大根の月出現。
我が家の枝垂れ梅も、やっと一つ二つほころび始める。
こんなに梅の開花が遅い年は珍しい。

大根の月とは、向田邦子さんの小説に出てくる、手が滑って薄切りになった大根のことを、昼間出る月になぞらえた言い方。
いかにも薄切り大根のようなので、以来こういう月を大根の月と言っている。


d0101846_06082204.jpeg


うちのお雛様飾り。
糸巻きパレットガーデンとしては、このお雛様だろう。
普通のもあるけども、普通。

これは、どこかの郷土玩具にこういうのがあって、それを真似て、紙粘土&和紙で作ったもの。
小さいので出し入れ簡単。



d0101846_06241496.jpeg

大根の話ついでに、意外に美味しくて感激したべったら漬けの素、
大根切ってこの粉を振りかけて揉んでおくと、さっぱりしたお漬物が出来る。
麹の味だから甘い味。
サラダ感覚でポリポリ。胡瓜もいいよ。

今年は大根不作だったね。生きのいい大根が無かった。
来年はちゃんと出来ますように。

ところで、当地は雨が少ない。川の水も益々減っていた。今週降るらしいけど、やはり降るべきものは降らないとうまく回って行かないね。

大根あるのが当たり前みたいだったけど、無いと有り難みがわかる。