<   2011年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

d0101846_7351271.jpg

晴れてまいりました日曜日の朝です。
おでんの大根も柔らかく煮え、冬ももうやってきた、白菜漬けもそろそろだなと思っている矢先ですが、どうも今日など暑くなりそうな予感。
大根の煮物というのはいったい何日くらい連続して食べられるものだろうとか考える朝です。
糠漬けにした大根は毎日でもちっとも飽きなかったなとか思い出したりもいたします。

d0101846_9354836.jpg

おでんは最近、つゆだくにして、青のりと鰹節を振って食べるのがブーム。ジャコ天というのと炊いてみました。(ん?これは何処産なのだ、盲点だ)
d0101846_8323970.jpg

朝から雨降って、暗い暗い。写真もええふうに写りません。
カメラ替えてからなんにも上達がないなと反省。

ゆうべ炊いた切り干し大根が味が染みていい味になっていました。
切り干し大根は、おあげさんと薄口醤油味でさっぱり炊く方法と、今回のような沖縄風と名付けてる、豚肉を入れてごま油で炒めた後、醤油+味醂で炊く方法とうちでは二種類あります。
d0101846_8395483.jpg


d0101846_842956.jpg

↑これ蠟燭なんですよ。夜明け前、こういう感じでお茶するんですけど、蠟燭の光ってこの前の、光に包まれるっていう銀色夏生さんのイメージに似てるなとか。もっと明るいイメージだろうけど、実際この蠟燭はけっこう明るい。
d0101846_7241073.jpg

こういうにせルビーなど、もうずいぶん前になりますが、個人輸入なんてのが流行った時に一度だけ挑戦して買ったもの。船便で時間を掛けてやってくるのがなんだかとても楽しみでした。
もうかれこれ15年くらい前なんでしょうかねぇ、個人輸入なんてのも。

今朝、もう何ヶ月ぶりかで楽しい夢を見た。このところ全く覚えていないのだが、起きた時に、いままで嫌な夢みてたんだろうなという重苦しい気分で目覚めていたのだ。
今日の夢も一カ所しか覚えていないが、ワゴン車、それもとびっきりのクラッシックカーで色はグレーがかった水色で、それが移動パン屋兼、移動カフェになっているのだ。狭いので客は一人か二人しか入れない。パンは鶏肉入りのパンと、牛肉入りのパンが新作だと店の子が言っていた。ちょっと売れないのではないかなと思ったが黙っていた。
店の内装が言葉で表現出来ないがすこぶるよかった。

寒いので朝から野菜の汁物を作る。
きのうの残り物ポテトコロッケもおいしい。
牛ミンチをソースで煮て、キャベツと目玉焼きで、ソース丼というのをよく作るが、ソース煮のミンチが余ったのでコロッケに入れてみたら、コロッケ自体に味がついてなかなかでした。
d0101846_7105024.jpg

おはようございます。
冷え込みキビシい晴天の放射冷却タイム。
朝起きてすぐにお着替えを済ませる自分を誉めておこう。

※  ※
東電に抗議する為、銀行引き落としを引き上げてコンビニ払いにしようという運動が出てきています。
考えてみれば銀行引き落としは便利だけど、それによって企業側は、消費者と顔を合わすことなく、いとも簡単に集金できるということだったことに気が付く。
なんでもかんでも問い合わせしょうにも音声ガイダンスだとかの腹立つシステム導入も消費者を小馬鹿にした態度であった。今一度企業側に集金というものの大変さを思い知らせてやるという意味でも銀行引き落としを止めるというのは、いい方法かも知れない。
d0101846_711592.jpg

これでほぼ全部かな。今日は綴じてみよう。絵は細かいが老眼ゆえよく見えず、わりあい雑である。

きのうから、このエキサイトブログも仕様が変わってしまって、なにやかや、ちょこちょこっと、変わっていって、便利になるのだろうけど、「現状維持」ってのは正義ではないのか?
とかオバさんは思ってしまう。
経済も右肩上がりに成長しないといかんのかい?
とも、オバさんは思ってしまう。
同じもの、同じやり方のものでずっと使い続けていけるということもひとつの価値だと思うけど。

なんにしても、こぜわしい世の中である。

※  ※
あんれ?昨日まであった「トップ」というボタンは何処へいったの?
d0101846_7224324.jpg

四コマノートに描き止めている絵を集めて、彩色もして、豆本を作ってみようとしている。
糸綴じに前から挑戦はしているのだが、きれいに出来ない。ここんとこだけでも実際に手を取って教えてもらわないとむつかしい。
そこで、前に糸綴じに失敗したのがそのままになっていたのを↓、背をボンドでくっつけるという方法でやってみたら、見た目は糸綴じよりはるかにすっきり仕上がるんですね。
今のとこばらけてはきていませんが、そのうちばらけるならやはり残念ですね。
これが出来上がったら、また新しいやり方を摸索しよう。
d0101846_730284.jpg

d0101846_738382.jpg

NHK杯の高橋大輔、益々よくなりましたね。
修練を積むと、どこにも力が入ってないように見えるんですね。
ジャンプはちょい失敗してましたが、飛んだ後の足の流し方なんかすごくきれい。
エキシビジョンでは、まるで羽毛が飛んでるように見えました。

高橋大輔本人も去年に比べると、何故かすごく透明になった、そんな気がしました。
d0101846_7123171.jpg

昨日は孫二くんの保育園の“お絵描き工作発表会”を見に行く。
タイトルは遠足って書いてあったけど、どういう説明してくれるのかな。髪の毛逆立ってる人物のキャラがおもしろいね。
d0101846_772572.jpg

雨も上がり、早朝に出ていた霧も晴れ、さわやかな晴天が戻ってきました。
こちらは紅葉はどうなんでしょう、まだ街路樹などの紅葉はないようですが。週末ですのでちょっと景色のいいところにでも出かけたい感じです。
d0101846_738314.jpg

思うに、どうも自分は人よりも不安感が強く、かつ、心配性である。
心配してもどうにもならないと分かってはいるが、その気持をどう収めていいのか分からなかった。

そうしたら、きのういい文章を見つけた。
例えば乗ってる飛行機が落ちないだろうか心配なんて時には、自分のまわりの空間を輝く光が満たしているとイメージする、そしてその美しい光であたたかく包まれて平和に守られているように想像する。
‥っといったものなんですが、これけっこう効くんです。

だいたいが心配性の人ってのはあれこれ考え過ぎて、想像をし過ぎて不安でたまらなくなるのですが、これはその逆をいくのですね。バカみたいと思いつつも無理やりに暖かな光に包まれて安全だと想像するのです。不安というのは自分の心の中で作り出されるものだから、これはとてもいいと思いましたのです。

その文章はこちらの
銀色夏生さんのホームページの中の「祈り」という文章です。