人気ブログランキング |

<   2011年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

d0101846_6551619.jpg

何を描いたか言葉で説明しててはいかんので、伏せときます。はて、なんでしょう。

明日で震災から8ヶ月ですか。
しかしね、感じられません?世の中の様子が少しずつ変わってきてますね。
このブログの世界にも(というか、こういう世界だからより一層顕著なんだろうけど)それは感じられますね。
あれ以来、更新の少なくなった方多いですね。なんだかすっかり変わってしまったと私は感じるのです。今までと同じではいられない、、そういう空気。
相変わらず毎日出してますが、あまり話すことも少ない毎日です。
話すことはいっぱいあるのかもしれないけど、むやみに話せない、そんなところなんでしょうかね。
アホなこと云ってた昔が懐かしい、そんな感じ。
d0101846_7524427.jpg

せっかくサザエさんを借りてきたので、模写をしてみました。
右側のは第一巻のあたり。最初は描き方が違うんですね。
d0101846_7252756.jpg

今日は二十四節気(にじゅうしせっき)のうちの立冬であるそうな。もうそういう季節になったんですね。
この二十四節気というのは実に季節の移りゆく感じを漢字二文字でよく表している。
立冬の前は霜降、その前は寒露。今年はまだ霜はこの辺りは降りていないが、秋になると朝、庭が露で濡れているなど、この季節らしい有様です。

庭では小紫がきれいに紫になっている。小紫と紫式部とどう違うかはまぁ微妙なところであるが、こちらのほうが実が小さく、木姿も楚々としているようだ。
葉が虫に喰われている所などが好みである。
d0101846_6575062.jpg

清々しく晴れ渡った週明けの朝。今朝も5時前に起きたが、その時間はまだ星の出ている時間。
空気が澄んでいるので、星空図鑑のような空でした。
知っている星座がオリオン座と北斗七星のみであるのがたいへん残念。

酒井駒子「ビロードのうさぎ」
圧倒的な才能の前にひれ伏す感じが心地よい。酒井駒子画像検索
d0101846_658294.jpg

きのうの話題のNHKの朝のドラマ「カーネーション」は調べると、あのデザイナーのコシノ・ジュンコ、ヒロコ、ミチコの三姉妹の母上をモデルにしたお話ですって。
あのおかあさん、何度かテレビに出ていらして、なんて面白い人だろうと、しばし、呆然とするくらいのインパクトのある人だったのですが、やっぱりドラマになってたんですね〜。
90過ぎても岸和田で洋裁店やっておられたようですが、あの後どうもすぐにお亡くなりになったのかな。
いやぁ楽しみです。まだ見始めたばかりですが、主人公の両親の結婚のいきさつも面白そう。なんでも、神戸の豪邸に住むおじょうさまに婚礼の衣装を届けにいった呉服屋と恋に落ち、駆け落ち同然で結婚したなんて、そもそもそれが可笑しい。

“生きるということは物語を作ることです ”、とかいう言葉を思い出すが、ドラマになるような人生ってすごいと思う。できれば朝ドラになる人生がいい。メロドラマやホラーや刑事物ではちと困る。
d0101846_829229.jpg

なにかとスカン国営放送ですが、朝ドラの「カーネーション」を2、3回見ました。
今朝初めてタイトルバックから見たんですが、なんだか糸巻きとかスケッチブックとか赤い服着た人形とか出てきて、ここの世界観に似てるなぁとか、、。
もちろんあのタイトルバックは最近にないお気に入りとなりました。

あの主役の元気のいい子は、あの、あれに出てた子ですか?
d0101846_7563390.jpg

夕べは早々に撃沈して、目覚めるとまだ日付変わらずの時間。
ちょっと遊んで、再び寝ようとするが、そうすると顔の周りにぶ〜〜んと蚊が飛ぶのだ。毎度のことで、今、顔は蚊に刺された赤い跡があちこちに。
画面上目をこらしていただくと一匹昇天しておりますが、この色の薄い蚊、どうも「アカイエカ」という種類の蚊で、室内で越冬するらしい。毎年この蚊に今頃悩まされるのだ。
人が寝ようとすると、見計らったように出てくる。
昨日はとうとう我慢出来ずに蚊取り線香を朝まで炊いてやった。
当然のごとく、のど、いがいがであります。
ネットで見てみると、電気式の蚊取り線香使用とか、蚊帳を使ってますとか出てくる。
ほんとに蚊帳を使いたいくらい。
d0101846_7153054.jpg

物置の本棚には自分で買ったのでない本も置いてあるので、時々読んでみると面白い場合がある。
この「磯野家の謎」という本ももう10年以上前に出た本だが、なにやら、磯野家の間取りやら、磯野家の秘密めいたことなど、いつどんな電気製品を買いそろえていったかとか、磯野家の月給はいくらかとか、事細かに調べ上げていて、読んでるうちに急にサザエさんの漫画が読みたくなって図書館で借りてきた。

今となってみると、サザエさんはただの漫画ではなく、昭和の庶民史の資料だ。
昭和21年に始まっているが、その頃はまだ配給があったりしているし、戦災孤児などの話題もひんぱんに登場する。
「磯野家の謎」的視線でじっくり見るとなかなか面白いのだ。
(ちなみに個人的見解であるが、アニメーションのサザエさんはスカン)
d0101846_7264543.jpg

新聞は止めたし、テレビのニュースもたまにしか見ず、もっぱらネットでニュースを拾い集めているのだが、たまに、テレビのニュースを見ると、ネットとの温度差、視点の違いに、あんれま、と仰天する。
もうこうなったらどっちを信じるか、個人の勝手というかんじ。

個人的には、これから汚染米がコンビニのおにぎりなどに登場してくるからご用心。
汚染米といっても売る方にはその意識がないらしいからね。いちおう基準はクリアされてるそうだ。
ま、その辺のところはどうにでもなるわさ、と、オバさんは見る。
山のきのこなんかは止めといたほうがええと思いますよ。かな〜り危険です。

ほとんどの人がテレビ、新聞で情報を得ているから、こちらのいうことは通じない。
日本の中枢では誰も日本という全体のことを考えていなくて、自分が不利な立場に立たないようにと立ち回っているだけであると、もうオバさん、がっくり、げんなり。どうにでもなれ、っとやけっぱちぎみ。

しかし、昨日もにゃんとわんが同時に具合わるくなったりして、もし、これが人間だったら、家族の誰かが次々具合がわるくなったりするとしたらば、それはもう、地獄だけど、そのうち架空の話ではなくなるんでないの?
d0101846_7504474.jpg

猫の具合が悪い。わんも具合が悪い。ちょいパニック。あたま真っ白。