人気ブログランキング |

<   2015年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

12月11日  金  雨風強し    旧暦 11月1日
d0101846_07254260.jpg
当地は午前五時ごろから雨が降り出し、外が異様な暑さ。
蒸さった土の匂いが家中まで漂う。
窓に結露が出来ているが、これは外側についた結露。
風も台風並み。  なんなんざましょ。

さて昨日は楽しみにしていた007スペクターを観に行ってきた。
前作と比べて地味だとか言われてたのであまり期待はしていなかったが、いやいや、なかなか、たいしたもんです。

あんまり言うとネタばれになるので気をつけてしゃべりますが、
前のスカイフォールは暗い部分が多かったけど、今回はクレイグボンドの表情が明るい。そして終り方も意外。
しかし、部屋の中の照明がなんであんなにも暗くしてある。好きだけど。

NWO(にゅーわーるどおーだー)との戦いなんですね、よーするに。
NWOなんていうこともないか、悪だくみ団ですね。世界支配層ですね。
こういうのが、実際、現実に行われているんですよ。
NWO=悪だくみ団
かぶるなぁ、プーチンとジェームス・ボンド。

ダニエル・クレイグ版007は、もうこれでいいな、って思いました。
残念だけど、これで完結した方がさっぱりしていいです。

前回はカーアクションが非道でした。民家の屋根の上をバイクが走ったり、市場の屋台を壊したり、あれ嫌だったんですが、今回のは、ちょっと笑いがもれるという作りになってましたよ。

いや〜、でもアクションシーンは圧巻の出来ですよ。心臓に悪くてあまり好きじゃないけど、あそこまでやるとご立派。



12月10日  木  曇り    旧暦 10月29日
d0101846_07355752.jpg
これまた、洋裁のきれはしを縫い合わせて、今度はランチョンマットかな。ありきたりだけども。
前に作ったのがだいぶ使い古してきたからね。

さて日差しもなくじわじわと冷込み、なんだかゾクゾクもしてきたりして、このまま風邪を引いてしまいそうな、抵抗力、免疫力が衰えてるなぁと感じる今朝でありました。

さていつもながら、唐突に話が展開してスマヌふうですが(それというのも、出来るだけ文は短くを心掛けているのであります)

この人間界というのはさまざまな人が居りまして、自分の常識の範囲には収まらぬ、という御仁もたくさんおられます。
ものの言い方一つとっても、あれだとかこれだとか、あっちだとか、こっちだとかの抽象的な物言いが理解出来ない、という方もおられるのです。

「レバノン薬局のとこ右に曲がって」なんて言っても通じないのであります。
「レバノン薬局の横の交差点の信号を右に曲がって」
と言わないとあらぬ方向に車が進んでいく、という事態になったりいたします。

そっち、あっち、なんて言ってもこんがらがるだけで、こうなっては指示代名詞を使わずに文を作る能力、というのがいるってことですわね。ぶつぶつ。。

12月9日  水  晴れ    旧暦 10月6日
d0101846_07001154.jpg
晴れているようなのにまだ日差しがないのは、まだ午前七時のせいか。
うすら寒い天気であります。

かっちり仕上げる洋裁にちょっと疲れたので、気分転換してみた。
端キレを繋ぎ合わせてみた。
何の役にも立たないものである。
しかし、役に立たないからといって、それが存在してはいけないということはないよね。
とか、屁理屈こねるようなことでもなく、ただ単に手を動かしてみたくなっただけ。

作っている間に、色の組み合わせが醸し出す波長とか、生地の質感の組み合わせの妙とか、何か目に見えない電気物質が出て、それはそれで役に立っているのかもしれない、って、、、それ屁理屈だよね。




12月8日  火  晴れ    旧暦 10月27日
d0101846_07134863.jpg
上等の朝であります。
星と三日月がとてもきれいで、朝焼けも上等。

先程、道に、猫のような猫にあらず、なんだろ、たぬきか?あらいぐまか?という生きものがいて、隣家の生垣の中に消えていくのを二階の窓から目撃しましたが‥

昨日は亭主のきらいな粕汁をたっぷり作り、今朝も飲んで温まったのであります。
毎日粕汁でもいい、あたたまるし。

さて、これから先、認知症の人がすごい数になっていくという予想がありますが、自分は関係ないとは決して言えないのです。
よく、アルミ鍋がいけないだとかの説がありますが、どうも、これまでの経験から言うと、人がボケてしまう時ってそういうことではなくって、何かしらの精神的な負担が掛かった時に、それに堪えられなくて鬱っぽくなったことをきっかけにして、人は壊れていく、という説に私は頷くのです。

朝ドラのカーネーションのしっかり者のおばあちゃんがボケ始めたのも、息子さんがハッキン懐炉でボヤを起したのがきっかけでした。
ああいうの解りやすい設定でしたわね。

なんというか、今までは何か起こっても頑張りが利いたけども、もうあかんわ、と燃料が切れた時、人は自らをほうけさすんじゃないのかなぁ。
なんだか自分もそうなりそうないやーな予感がいたしますわ。
この先、解決がつかないような大きな問題が持ち上がったら、もうあかんって感じよ。


12月7日  月  晴れ    旧暦 10月26日 
d0101846_07123852.jpg
まったく夫婦で暮らすなんてロクでもないことなのである。
はやく宇宙人がやってきて、このようなバカな生活から抜け出したい(あれ?

洋裁の型紙を入れるのに大きめのちょうどいいクッキー缶があったので大事に使っていた。
それというのも、缶のフタというのはよくあわてて踏んづけて歪めてしまったりするのだ。

昨日また思い立って生地の裁断をした。
生地が大きいので畳の部屋でやっていた。
そして件の缶も何となくその辺に置いておいたのだが、それは踏むはずの無い場所であったのだが、そういうブラックホールにふっとはまり込む人なのか、亭主が踏んづけてぐにゃっと曲げてしもうた。

私は自分ではおおらかな性格だと思っている。誤って踏んでしまったらそれはしかたがない。が、一応、「えいっ、踏んづけやがったなっ」くらいの文句は言う。

これは、ほんとにいつものパターンなのだが、ここのうちの亭主という人は、自分が過ちを犯しても、全て人のせいにする。
「そんな所に置いとくのが悪い」「そこは通るとこや」とかなんたらかんたら、かんたらかんたら‥‥永遠と自己弁護が続くのである。

と、いうようなことで、たった缶を踏んづけて壊したくらいのことで、私の頭は炎上するのである。
なんで、素直に、すまなんだ、壊しました、と謝れん。
自分は悪くない、悪いのはお前や、と言われて、モノを壊された上に罪まで被せられるものの気持になってみい、と言いたい。

こういう人はまったくユーモアのセンスというのがないのである。
自虐ということが解らず沈没する。
あら、こわしちゃいましたぁ、と軽く言うことが出来ず、ひたすら自分が悪くはないという事で自分を守ろうとする。

こういう人においしいご飯をつくってあげることはない。
当分、お数は一品だけとする。

自分は悪くない、悪いのはお前、と言い張る習性の為に、この人はどれだけの損害をその人生に被っているのであろか。

ちゃんちゃん。

※あ、「踏んづけやがったな」なんて硬直な言い方をせず、もっと、くねくねと言いなはれ、というご意見もあるかと思いますが、それは多分通じません。
テキは自分を弁護する事に必死なのです。








ぴしっ
12月6日  日  曇り   旧暦 10月25日
d0101846_07212122.jpg
何もかもに飽きてしまったらどうしよう、という恐怖心を感じた。
今までは何かに飽きても、またすぐ次に興味を惹くものが現れる。
しかし、いつか、何もかも、もう飽きちゃった、ってことになって何もかもが色あせてきたならば、これはおしまいの始まりではないのか。

う〜ん、これはこわいよぉ。

それで、昨日は情報を得て久しぶりにガレージセールに行って、まだ飽きてない事を確認したのだった。
で、このような役に立つのか立たないのか疑問なもの他何点か買ってきて喜んでいるのであった。
東海地区の方で興味ある方はRRR MATERIAL PROJECTで検索してみてね。
じつはここ生地を扱うとこなんで大興奮でありますのことよ。

こうしてコーフンできるものがまだ残っているのは有り難い事だわ。いつまでも燃料が切れませんように。なむ。

きのうは下着の宣伝をしてしまったが、このまえ靴下の宣伝をしたが、あの靴下、なんともう底に穴が空いたのだ!!
‥ということをお知らせしておかねばなるまい。なむ。





12月5日  土  晴れ    旧暦 10月24日
d0101846_07273134.jpg
西の方は晴れて、東は曇っている、そういう天気です。引き続きじわーっと冷え込みます。
制作中のワンピースは出来ましたが、エプロンに格下げで写真はありません^^。

さて、昔CMで機嫌の悪い人が出てきて、「あなた下着がキツいのではありませんか?」とかいうのがありましたが、実際、身に合っていない下着を着ていると不機嫌になります。
ここは男性の方も見に来て下さっているのだが、男物のパンツなんか仕立てが複雑だし、履き心地のいいものわるいものに別れるのだろうなとか想像します。
メンズ履き心地いい下着なんてのでググっても、男子のほうは情報少ないですね。
そういう情報は共有していった方がいいですよね。

それでショーツなども履き心地のいいものってなかなかむつかしいのですよ。
困っていたのですが、ブログでトリンプの出してるスロギーというのがいいよって、教えてもらってずっと愛用で問題解決。ありがたいね、こういう情報。
そこで、私も今度いいのを見つけたので情報を漏らす。

同じくトリンプのスロギーのゼロフィールのブラはすぐれものです。
まったく身に付けてる感覚ありません。
縫い目もありません。
一応気に入った型があってそれをずっと使い続けようとしていたのですが、この頃肩ひもが苦しい。
このゼロフィールなら肩こりもなんにもなしのらくらく。
で、シルエットが自然体なのです。←ここんとこ初老にはだいじ。

夏にグンゼで似たようなのを見つけたんですが、グンゼは生地がすぐにヨタヨタになって、値段は安いが、長保ちはむつかしいので、値段は倍以上するが結局トリンプの方がお得。

しばらくユニクロのブラキャミも使ってましたが、あれ、着る時が複雑。裏にゴムも使ってる。形が太って見えるなどの難が。
この着るときが複雑というのが難なのです。
こういう形はいっぱい発売されているのですけどね。

というような事なんですが、こういう方面でいい情報あったら教えてもらえるとありがたいな。あくまで初老用ですけどね。



12月4日  金  晴れ     旧暦 10月23日
d0101846_07262850.jpg
d0101846_07265490.jpg
冬って木枯らしが吹くのだった。このガタガタ雨戸を揺らす風、これこそが冬であったのだ。おお。

毎日、「たたむ」ということで一日が始まり一日が終わる。
なんだかやたら「たたん」でいる。「たたむ」ことによってきちんと暮らせる。
「たたむ」ということが生活だったんだ、なぁんて、自分もやっと真人間になれたようなそんな気がするのでありますよ。

さて、また洋裁に起動がかかり、パンツを制作。
上の白いのが先月作った今期用のワイドパンツ。
生地がちょうどよいのが見つかった。薄すぎず厚すぎず。定番的にアイボリーで。
真ん中が一昨日作った少し細身のパンツ。
これはニット素材。これ又、予定していたものがメーター数が足りず、どうかなと思ったがパンツにしてみたら、なかなか優れものに仕上がった。

新しいパターン、これも月居良子さんの「着心地らくちん おしゃれ服」より。
6番のゆったりパンツ。
これだと幅が狭いので、145センチ幅の長さ分で出来る。
長さは長めにして裾の方でゆるゆるにするふうにしている。その方が自分的なバランスがいいという結論に。

薄茶色のは3〜4年前に作ったが、これらはジャンパースカートやワンピースタイプのぶかっとした服の下に合わせるのにいいのだ。と、自分では思っている。

大橋歩さんの出してる「a'」(えーどっと)の着こなし例を出しておいた。
パンツ短めで靴下などをポイントにもってくると可愛らしいのだが、残念ながらそのパンツから出ている足の部分が一番冷えるので、このバランスは冬には出来ないのだが、参考にはなるかな。

次は同じく月居さんの型紙でぷっくりパンツというのが気に入ったので、何か生地のいいのが見つかったら作ってみる。
「リネンのワンピース」という型で今練習に縫っているのだが、、難航している。





12月3日  木  雨    旧暦 10月22日
d0101846_07343731.jpg
d0101846_07161255.jpg

裏付けに手間取ったジャンパースカートでき上がりました。
型紙は何度か使用している、月居良子さんの「着心地らくちん おしゃれ服」より
21番のジャンパースカートの型紙で。
とてもスッキリしたデザインです。
この生地はウール(端っこを燃やしてみたらウールの臭いがした)のごわっとした生地。
パンツにしようと思って買ったが、生地幅が足りず。
幅広のパンツにする時は、ダブル幅でも220くらいはいるってことか。。いや、最近丈を長めにしてるから230買わないといかんということかな。
こういうことが生地屋さんに行くと頭が真っ白になってまごつくのよ。

ダブル幅で230だと、生地に無駄ができるよね〜

うむ、それでこの生地はジャンパースカートにしたのだ。使用生地は結局145センチ幅で1メートルあれば出来ちゃったってことね。裏地付きだからするっと脱ぎ着がらくちん。
ちょっと地味なところは巻物でごまかそう。

d0101846_07153308.jpg
それと、ながらく寝かせておいたこのボーダー柄の生地も仕立ててやった。
袖の分を考えるとわりあい小さいものしか出来ないという事で、いつものマイ型紙でシンプルに作った。
ニットものを縫うのも慣れてきた。
伸び止めテープを肩、襟ぐり、裾と袖口の始末の時も全部貼付けちゃうと、楽に縫える。
がちゃがちゃロックちゃん(ロックミシン)もなんとか使えるようになってきたので仕事は超はやい。



12月2日  水  晴れ    旧暦 10月21日
d0101846_06525654.jpg
普通に起きると夜明けまでの時間が長くて困るこの季節。
布団の中であれこれテツガク的なことを思案したりもするが何を思案していたのか、よく思い出せないが、
49才まで、親子関係に関することで、とても間違った思い込みをしていたな、というようなことを今朝は考えていたっけ。
それから、生き直しが始まったので、今自分は15さいくらいの精神年齢だ。

一回ずるっとそういう洗脳が解けてしまうと、親子関係というのは雛形であり、その相似形で社会ができているということがスッと解ってくる。
まさに大きく考えれば宇宙全体に繫がって行くのだ。
マトリューシカのように入れ子状態になっているのだ。
そういう意味で自分の思い込みというものに気が付いたおかげで、いろんなものの見方が出来るようになってラッキーだった、というようなことを考えたのだが、うん、これは一般にはわかんねーだろうな、この感覚。また変人路線だな、というところである。

家人が、庭で車のバックミラーをつつく鳥は何て鳥?と毎年聞くので、先月は鳥の絵と「ジョウビタキ」と書いたカレンダーをトイレに吊っておいた。(未発表)

今度は、垣根に絡まって伸びている樹は何て名前と毎年何度も聞くので、聞いてもすぐ忘れるから教えてやらないと言ったが、今月は「オオイタビ」と書いたカレンダーにした。
一ヶ月眺めればなんとか覚えるだろう。

なんだかまぎらわしいことに「ジョウビタキ」と「オオイタビ」って語呂が似ているのである。