<   2018年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2月28日 水曜 曇り 旧暦 1月13日
d0101846_06460761.jpeg
新しいパターンのパンツ完成しました。

図書館で借りた本でパターンを取り、仕立て方はコピーというアラワザで、
途中、あれぇ、これパターン写し間違えてるんやない?な疑問噴出。
股下の縫い合わせがですね、前と後ろ、すごく長さが違うんですよ。
多分、膝の出っ張りの分、キセを掛ける?って言うのかしら、立体的になるようになってるのかもしれないが、合わすのに苦労しました。
合印も写すの忘れてる。

写真でもシワっぽくなってるのがわかるよね。
もう一回図書館で借りてこよう。
仕立て方のコピー取ったのも一部切れてたりして肝心な所がよくわからず、我流で。

で、ウエスト部分、前はゴムなし、後ろだけゴム、これはやはりすごくスッキリ。
はいてみて、いつもよりスッキリしたラインでおおいに気に入りました。

っが、これやはり若い人向けのパターンなのよね、
股上が短い。ヒップボーンになってて、ぜんぜん引っかかる所がないというのが笑える。
だもんで、今度作るときは、股上をあと3〜5センチ伸ばすことにする。

それと丈がくるぶしより少し上でカッコいい見え方はするのだけど、ここを出すと冷えるのよね。
5月ごろしかはけないな。
だもんで、丈はもっと長くしてみる。
生地はもう少ししっかりした厚みのある生地の方が綺麗かな。

サイズは心配したほど小さくはないが、どうも見本とは随分違ったデザインに見える(爆

d0101846_07024736.jpeg
アマゾンプライムでマドンナのビデオ見てたら、すごいかっこいいコート姿が出てきた。
コートの中に着ている淡いグレーのセーターにパールのネックレスという色の組み合わせがぐっとくる。
この下はちょうど今日作ったような白パンツなのよね。
何年も前の写真だろうけどぜんぜん古さを感じない。

右下の写真は、ファッションは面白いがドラマは全く面白くない「マーベラス ミセス メイゼル」というドラマから。
このコートのコーディネートも好きなんだ。
このドラマいつの時代のだか、ちょっとはっきりしないが、古き良きアメリカの時代の話で、ファッションはメチャメチャイカしてる。バービー人形みたいなファッション満載。ウエストキュっな服多し。






2月27日 火曜 快晴 旧暦1月12日

d0101846_06022026.jpeg
今日は快晴の見込みで、夜明けの星空も煌めいて、星の配置ももう冬ではない。
夜明けもぐんと早まって、午前6時前から空が明るくなり始める。

昨日は真っ昼間に大根の月出現。
我が家の枝垂れ梅も、やっと一つ二つほころび始める。
こんなに梅の開花が遅い年は珍しい。

大根の月とは、向田邦子さんの小説に出てくる、手が滑って薄切りになった大根のことを、昼間出る月になぞらえた言い方。
いかにも薄切り大根のようなので、以来こういう月を大根の月と言っている。


d0101846_06082204.jpeg


うちのお雛様飾り。
糸巻きパレットガーデンとしては、このお雛様だろう。
普通のもあるけども、普通。

これは、どこかの郷土玩具にこういうのがあって、それを真似て、紙粘土&和紙で作ったもの。
小さいので出し入れ簡単。



d0101846_06241496.jpeg

大根の話ついでに、意外に美味しくて感激したべったら漬けの素、
大根切ってこの粉を振りかけて揉んでおくと、さっぱりしたお漬物が出来る。
麹の味だから甘い味。
サラダ感覚でポリポリ。胡瓜もいいよ。

今年は大根不作だったね。生きのいい大根が無かった。
来年はちゃんと出来ますように。

ところで、当地は雨が少ない。川の水も益々減っていた。今週降るらしいけど、やはり降るべきものは降らないとうまく回って行かないね。

大根あるのが当たり前みたいだったけど、無いと有り難みがわかる。





2月26日 月曜 晴れ 旧暦 1月11日
d0101846_08062467.jpeg
出遅れた春の朝であります。 もう春眠なんとやらの季節に入ったのだろうか、やたら眠い。
昨夜も夕食後ソファでうたた寝。その後また寝てしまってる。

ドライ果物は色々あれど、ドライ苺って珍しいでしょう?

野菜をパン屋の店先で並べて売ってるダジャレおじさんとこのものだけど、
5月にできる露地物苺を、干しシイタケなど作る乾燥施設に入れて作るのだそうだ。

苺というのは昔は5月に出回るものだったが、(外で栽培すると収穫は5月である)
いま、温室栽培が主流になって苺のイメージが変わり、ゴツゴツした露地物イチゴを店に出しても売れないのだそうだ。
それで乾燥させてみようと思ったそうだ。

私は温室栽培の苺は苦手である。すごい高級品なら美味しいのかもしれないが、今まで美味しいと思うのに当たったことがない。
なんだかゴリゴリしてる。
元来苺ってのは1日保てばいい方で、すぐに食べないと溶け出すくらい柔らかなものだった。

試食したらすごい苺の香りで、甘いので買ってみた。


d0101846_08181381.jpeg

昨日はまた歳を忘れて洋裁、コンを詰め過ぎた。
まずはロックミシンに黒糸が掛かっているうちにと、暮れからストックしてある黒の布でインナーカットソーを縫い、その後、ロックミシン糸を生成りに取り替えて、新しいパターンのパンツに取り掛かる。
もしかしたらサイズが小さ過ぎたかもしれないが、なかなかいい予感。
早く仕立て上げたい。





2月25日 日曜 曇り 旧暦1月10日
d0101846_06595347.jpeg


先日またセリアに行って、今度は日用品のリピート買いが主だったのだが、その中でインスタ映えするようなのを並べたのが↑コレ。

薬の処方袋のようなポチ袋。
無駄使いとは知りつつも、また使う機会もあるだろうと買っておいた。

赤いのは、コードをまとめる紐で、水玉の布テープ、これ6メーターもあるらしいので、何かと使えそうじゃありませんか。

d0101846_07001917.jpeg
こちらはインスタ映えしない日用使いのリピート品。
お掃除シート、一昔前まで、これは百均でも売ってたが品質がイマイチというどころかまるでダメだったのが、最近格段に進化。
これでじゅうぶん。
種類もいくつかあって、左はリピート品だが、右のも試してみる。

今回買い忘れたのだが、台所洗剤が、匂いも付いてなくて、汚れ落ちも問題なく、容器も白で、これは有難い。 においがないというのが最大の利点。

家の中に色をあふれさせたくない派なのだ。

その横の白い容器は、これにお掃除シートを入れて冷蔵庫横にくっつけておくのに使っている。裏にマグネットが付いている。

黒いミニゴミ袋もペットトイレ用に便利でリピート。

ウエットダスターというのを試しに買ってみる。
丈夫で何回も洗って使えるし汚れもすぐ落ちる。ただ色が青なのが残念だ。
無印でグレーのが出ているらしいが100円ではない。

左上角はキッチンペーパー。
多くの種類が出ているので、どれが一番いいか試し中。



d0101846_07194343.jpeg
もう、ついでだから先月に買った時の写真も未発表だったので出しておく。

この時は爆買いしたのだった。
クマちゃんの印鑑入れだとか、右端に置いてある袋物なんかヒットである。
ぁ、木製のキュービックなんか買ってたこと忘れてる。
はて、何処にしまったのか?



このようにして100円ショップが、どんどん生活の中に日常化していくのは、どう考えたらいいのだろう。
いいのか、これ100円で、という商品が多い。
皆がここで買うようになると、
例えばクイックルワイパーのシートなんか500円くらいするのでこっちにするよねー
結果、ものの品質が落ちるは、回り回って消費者の首をしめることになるだとか言われているが、
最近の100均って、一種感動すら覚えて、早い話楽しいのである。




2月24日 土曜 曇り 旧暦 1月9日

d0101846_06231874.jpeg
きのうは風もなく穏やかな日だったので、久し振りに電車に乗って生地買いに。
午後からは日差しも強く、コートなんか着ていられないくらいでした。
もう来週は3月なのですね。

それで二軒ハシゴしてこれだけ買いました。

まずは、左から二番目の白いの、これはパンツ用。
前からよく使っている生地で、デニムのような張りはなく、ややくたっとしている。

左端の水玉、また水玉好き病が出てつい買っちゃいましたが、またコレ、柄合わせが困難そうじゃあーりませんか。
目の細かいコーデュロイで、季節柄半額くらいになってたので買いました。
一応の予定はダブっとしたつぼ形ワンピース。

右から二つ目はまるっきり毛糸で編んだような生地。薄いウール。
なかなかよいですぞ、これ。
予定は、だぶっと羽織れるカーディガンふうのもの。

右端は、コットンレースです。
ハギレというには大きな生地ですが2メーターに切ってあって破格値だったのと、顔映りがよかったので、大いに喜んで買いました。
これまた柄合わせがむつかしそうですね〜、どうなりますことやら。
でも、品よくチュニックかなにか作りたいです。形はシンプルでいいです。


シニア世代になると、手作り服と言っても、麻系のシワっぽい生地のナチュラル系のものは、大好きなんですが、ちょっと無理が出てきます。
目指すは、少しばかりキチンと感がある服ですかね。
形はナチュラル系でも生地を工夫してみる、という路線かな。

きのうは、生地屋さんで下見をした。
いくつか目星をつけて、これから計画を練るつもり。

d0101846_06531325.png

2月23日 金曜 晴れ 旧暦 1月8日
d0101846_17423324.jpeg
おでこで充電。いい天気。

いい天気だけど、気分は晴れない。
引き続き、「男は謝れない生きものなのか」 を 考えている。

「ごめん」って一言言えば済むやん、その方が得なんちゃうの、というのはこっち側の理屈で、どうも、どうしても謝るということが出来ない理由があるらしい。

男は、と書いたけど、男の全部がそうだとも思えないし、女だってそういう人はいると思う。

ごめんなさいとありがとうはワンセットのようだ。
ごめんなさいの言えない人はありがとうも言えないようだ。

「男 ごめんなさい 言えない」で検索すると結構たくさん出てくる。

その中で「ごめんなさい」が言えない心理 というのが読み応えがあったのでリンクをつけておく。

これによると、ごめんなさいと言えないということには罪悪感が関係していると。
自分に対する無価値観も関係していると。

ことの大小にかかわらず、非を認めてしまうことは負けということになるらしく、どーしても言えないそうだ。
理解できない。この心理。

これを読んでると完全に病んでるんじゃないか、という印象だが、男の大多数がこうだとしたら、これはすごい社会じゃないか。
大多数の人が罪悪感でがんじがらめになり、自分に無価値観を持っていることになる。

何がこうさせるんだろうね、もっと心を解きほぐして軽く生きてほしいよ。

って、原因は自分かもしれないけどね(爆

自分が勝手に罪悪感だの無価値観の色眼鏡越しに物事を見るもので、致し方ないじゃない。

このような心理まで掘り下げることもなく、もっと単純なことかもしれない。
男は火星から来て、女は金星から来た別の生きものだ、という説も押す。

創造主が、罰ゲームとして敵対する火星人と金星人を仲良くしないと子孫が残せないという究極の罰ゲームを仕掛けた、という話も好きだ。

近い将来男という種族は絶滅に向かっているという確かな研究結果も出ているらしい。

あまりにも幼稚なので、さもありなん、と頷く。




2月22日 木曜 曇り 旧暦 1月7日
d0101846_06414741.jpeg
今日は222とゾロ目日だね。


昨日は波も立てば風も立つ、そんな日であった。


「わかってるわ、そんなこと」でそれは始まった。

「あ、そう。ごめんね、余計なこと言ってしまったわ」(むかっ)

オリンピックが終了するまでに会計の打ち込みを終了させる予定で食卓の隅にノートパソコン。

朝食に現れたヒト、特大のマグカップのココアと特大のマグカップの牛乳をひっくり返す。

.....というような流れ。










あーあ、お互い「我」が捨てられないのよね。

アチアチの沸きたてのお茶をボトルタイプの水筒に入れていくから、熱いから気をつけてね、と言ったときの返事が「わかってるわ、そんなこと」

「うん」とか「はーい」と言えない「我」と、聞き流せない「我」がぶつかり合う。










2月21日 水曜 曇り 旧暦 1月6日
d0101846_20583649.jpeg
昨日は光溢れた日であった。
さむさむ緩み、何時間か庭で過ごした。

フキノトウも出ていた


d0101846_07300575.jpeg

地面から一斉にさまざまなものが出始めた。

今日は曇っている。

d0101846_07311943.jpeg
まだ寒さは続くだろうけども、もう氷が張る日も少なくなりそうだ。
雨が少ない。
この前見た木曽を源流とする一級河川はずいぶん水嵩が減っていた。
雪解けが待たれるね。









2月20日 火曜 晴れ 旧暦1月5日
d0101846_06434313.jpeg
雨水も過ぎたのにまだ寒いのう。

気になっていたIDの整理をすることにした。
人生を複雑にしちゃいけないと、なるたけIDなど持たないようにしていたが、そうもいかず。
何やかやと増えていく。
一応手帳に書き留めておくのだが、やはり一冊にまとめなきゃいかんでしょう、コレ。
パソコン内でメモ帳だとかアドレス帳で管理、というのもいいと思ったけど、やっぱり紙モノの方がいいかなって事で、この前セリアで手帳を買っておいた。

電話帳を探したのだが見つけられず、こんな感じで手作り感溢れるものとなった。
あかさたなはまやらわ で分類しておけば、大概見つけられるんじゃないかな。
いろんなとこに散らばってるメモをこれからかき集めなきゃ。
写し間違いって事も起こりうるので、原簿のメモも忘れず書き留めることにする。

銀行系はまた別にした方がいいだろうかねぇ。

こういうの管理できなくなったらもうジ・エンドかもね。。ムツカシ世の中だ。
記憶力は確かなようで、思わぬところに穴が空いてて、全く記憶にない事も出現する。



2月19日 月曜 晴れ 旧暦 1月4日
d0101846_07045546.jpeg
窓の向こうに昇るヒを浴びながら、菜の花のおひたしを食べた、って書き出しは如何なものか。

家がぎっちり詰まったところで育ったものだから、家の中から朝日が見えるなんて、それはシアワセなことに違いない。


せっかく整えた居間がリバウンドしかかっているので気を引き締めたい。
お正月に出した食器がそのままになっていて、「何もかもカケちゃんマン」が冷酒を飲むのに使っているから、慌てて使用禁止とする。

今年はどうしてこうも寒さが堪えるのだろう。
気候のせいなのか歳のせいなのか。
例年ならいくら寒くても朝には一応庭の点検に出ていたのだが、今年はそれもまばら。

今朝は出て見た。
蕗の薹がない。
家の軒先のは小さいのが少しあるが、植え替えて去年大繁殖したフキの一群が、まさかの集団消滅?!

梅は今にも蕾ほころびそうで、ひと枝切って部屋に飾った。

d0101846_07050696.jpeg
いつもは蕗の薹との取り合わせなのだが。

今日は正月早々会計の下準備をして、下準備をした事で油断して、もう2月後半ではないか。
今日こそパソコン仕事を始めなければ。