<   2018年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

3月31日 土曜 晴れ 旧暦 2月15日
d0101846_06401506.jpeg
あらら、今日で三月終わりですと!
カレンダー描かなければ。 今月は、作ったものの2月と配列が一緒だったもので、プリントするのを一日延ばしにしているうちに、終わってしまいました三月。

昨夜からプロ野球が始り、連れは生きがいが出来てご機嫌。
今日だけはゆっくり初めから終わりまで観たいというので弁当を買ってきた。
(夕飯時間いつもは6時半頃なのだが、5時にしてくれと言ってオクサンに激しく却下されたことがあるので)
ついでに私のも買ってきてよと命ずる。

それが、まずいの。。たまらんまずいの。
えーっ、どこで買ってきたんと問うと、この辺では大手のスーパーに入ってる弁当やデリカを扱う店。買ったことはないが、いつもウィンドーは美味しそうなもので溢れている。
えーっ、こんなんでよく何年も店が続いているなと。
コンビニの方がマシちゃう? なんかもろに薬の味がするよ。油も古そうだし。

もうっ、口直しにおいしい弁当食べたいよぅ。
毒消しによもぎ餅を焼いて食べておいた。

おっと、つい弁当の話が長くなった。

150ガバスで買ったハギレで一枚出来上がり。
うちのカメラやたら青が綺麗に撮れるが、実際はもっと中学生のジャージっぽい色である。

ウッドデッキで床置きコーデを試みるが、ムツカシ。撃沈。。

d0101846_07012523.jpeg
そこで、床置きコーデの最高峰の画像をスケッチした。

絵を描くというのは見る事だと言う。
絵を描かずに10分画像を見つめるのは辛いが、絵を描くなら見つめ続けられる。

描き続けるうちに、きっと、おおこういう要領で並べていくのね、というのが解ってくるはず。
多分100枚くらい描けば頭に入るだろう。

このノースリーブシャツ好きだ。
夏はこの上に肌触りの良い薄めの麻の何かを着るというスタイルにしよう。
このシャツを応用してブラタンを作る構想も出来ている。


急に足元から冷たい空気が忍び寄ってきた。放射冷却だろうか。
昨夜から気温は下がり気味。
今朝は猫がカーテンを開けた窓から月光が部屋に入ってきた。



3月30日 金曜 晴れ 旧暦2月14日
d0101846_06232767.jpeg
窓辺にサンキャッチャーを吊るしたいが、猫が玩具にするので当分ダメ。

桜咲いていい陽気だが当地はホコリっぽくてうんざりする。
このベランダのウッドデッキもザラザラであるよ。 空は砂ぼこりで霞んでいる。
ここ数年、染井吉野の咲く時期っていつもホコリっぽい。
だもので、桜は染井吉野よりも山桜及び八重桜を観に行くことにしよう。

足の裏の具合が良くない。
具合の悪い事を書いて申し訳ないが、人はこうして老いていくシリーズなので聞いてほしい。

今週初め、近所の桜を見に少し遠めの散歩をした。
その時、道路の端が排水のためにほんの少し勾配がつけてある。
歩きにくいなぁと思いつつ歩いた。
右足と左足の高さが微妙に違った状態で歩いたことになる。

どうもそれが原因らしい。足に変な負荷が掛かったのだ。

そう遠い昔ではないが、年老いた母親と一緒に歩いた時、気をつけていても道の真ん中真ん中を歩こうとする。
車が通るから危ないと何度言っても道路の真ん中を気がつけば歩いている。
それでこっちもすっかり気疲れしてしまったが、
ああこういうことだったのだと、わかってくる。

道の端は道路が水平でないので歩きづらかったのだ。
本人がそれに気がついていたかは疑問だけど、歩きにくかったのだ。

自分がその立場にならないと分からないことってあるんだねー。



3月29日 木曜 晴れ 旧暦2月13日
d0101846_06200602.jpeg
d0101846_06243638.jpeg
また、生地買ってる。
カーテン生地を買いに行った時、はい、カーテン生地だけでは済まないもんねー。
でも今度はハギレコーナーで格安品を。

上のは微妙。
えー、こんなの着こなせるのか、地味なのか派手なのかわかんない。
この写真で見るより水玉は小さめ。
花模様よりはしっくり顔映りするところがなんだかね。
年相応と言えば相応。
小さな面積で着る方がいいのかもしれない。が、2メーターほどもあるので悩む。

日焼けすると似合わなくなりそうなので焦る。

昨日はすんごい陽射しだった。ピリピリ日焼けしそう。

下のブルーは、80センチほどしかない150ガバスで売られていたハギレ。
インナーのシャツにいたしましょう。

d0101846_06324635.jpeg


縫いたい生地はどどんと待機している。


今年こそ故郷の桜を見に行きたかったが、なにやら足の(脚ではなく)具合がよろしくない。
行くな、というお告げであろうかしら。

最近、いい樹形で枝先までたっぷり咲いた桜というのがない気がする。
桜並木のはどうもダメである。やはり詰めて植えすぎというの、よくないのかもね。
それに一種の植物だけやたら優遇というのも自然の摂理に反して自滅の運命というのも考えられる。
生態系に影響するしね。同じ虫しかそだたないもんね。
どんな世界も多種多様でなければ。


↓ここの桜が立派だったのを思い出して見に行ってきた。
一本だけ植わっている。
やっぱり立派だった。



d0101846_06475288.jpeg
d0101846_06443028.jpeg






3月28日 水曜 晴れ 旧暦 2月12日
d0101846_20234924.jpeg

今週末は、桜の満開と満月が重なりそうだね!
天気も良さげなのですごい夜桜になりそうだね。

なんだかバタバタでおとつい作るはずだった、よもぎ餅をきのう作った。
すごいいい加減な丸め方である。
右側のはあんこが入れてある。 あんこはレトルトのあんこ。

午前中はカーテンの残り半分を仕上げて、めでたく完成。

眩しくてたまらんかった太陽はもうすでに北の方に移動してしまって、斜めの光になってきた。
地球の動くのは速い速い。




しかし、今更ながらに気がついたのだが、ブログっていうのは唯一IDを持たなくともコメント欄に入れるツールなんだなと。

ツイッターにしてもインスタにしても、フェイスブックだって、自分がそのIDを取らないことには、その輪の中には入れないのだが、ブログってのは誰でも入れるんだよね。

入れないように設定も出来るが、よそのグログ会社の方とも交流があるし、IDなしの方とも意気投合することもあるし、だいたいを善意に解釈してやっているのだが、
IDが付いてないと、こちらからは相手の情報が全くわからない。
暗闇から話しかけられているようなものだ。ということを、ちょっとご想像していただけたらなとオモウ。

文の中に何気に「笑」なんて文字が入っていても、光に当たればなんでもないことなのだが、暗闇で「笑」うと、これはまるで喪黒福造的笑いに思えてこなくなくもないのだ。
あくまでこちらの取りように寄るのだけどもね。

桜の季節、つい気も緩んで個人情報満載の画像出したりしてしまいますが、まぁ気をつけた方がいいかもね。

d0101846_07030074.jpeg




3月27日 火曜 晴れ 旧暦 2月11日
d0101846_07350353.jpeg
ずいぶん暖かくなってきた。

夜寝る前、首にタオルを巻くのを忘れると、朝必ず喉がイガイガしている。
だいたい喉からくる風邪でやられていたが、この習慣にしてから、ほとんど風邪を引いていない。
これのお陰とは断言はしないが、確かに保湿にはいいようだ。
吐いた息の水分がタオルに蓄積されて、それが蒸散してまた体に吸い込まれるのだとか。

33こも大きくなって、もういけた花にも触らなくなったので、また飾ることが出来る。

今年は白玉椿がよく咲く。秋の初めから咲き続けているので、ずいぶんと長い間咲いている。
この時期に椿もナニだが赤い木瓜と合わせてみた。
椿の花は一個の方がいいのかとも思ったが、この際二個にしてみた。よくわかんない。

桜はもう満開に近いが、最近、桜ってちょっと苦手感が。
なんだか、見る前に感動を期待されるような、、そんな感じが。
と言いつつも見に行くが、最近桜の枝振りがなんだか痩せている気がして、
樹形がいかにも立派という桜がなかなかない気がするのだが。

昨日から春休みで、またまごっちたちとお昼ご飯を食べている。
ツレが楽しみにしているので、ご奉仕のつもりでやっている。
いや、まぁ私も楽しいけどね。
もう大きいしそろそろ遊んでもらえんし、今の内に。


d0101846_07435132.jpeg


3月26日 月曜 晴れ 旧暦 2月10日
d0101846_06255866.jpeg
桜が思いがけず咲いていた買い出しドライブであった。
寒い寒いと言っていた今年の冬だったが、桜の咲くのは去年よりも早いみたい。

カーテンは半分だけ出来た。
早速かけてみた。
レースのカーテンは好みでないので、小学校の教室に掛かっているような生成りのカーテンにしたかったのだが、適度な厚みのある布がなかったので、たまたま目に付いた、このチェックのにした。

掛けてみると、生成りよりこの真っ白な方が明るい。
格子柄のカーテンにチェックの組み合わせがいいのか悪いのか、よくわかんないが、満足満足。

タック取りの計算をしてちゃんとやったつもりが一箇所間違えてる。
いい加減な気持ちでやるといい加減なものが出来る。
後半分はちゃんとやろう。

算数が大嫌いだったが、カーテンのタックの計算は、やっとあの嫌な算数が役に立ったと思う瞬間である。
他に日常生活で数学なんか使うことあるかえ?


花は中国野菜の紅菜苔(コウサイタイ)赤い茎が綺麗。
野菜として売られていたが、花が咲き過ぎなので、花として愛でることにする。

d0101846_22005108.jpeg
桜の写真はまた後日として、川縁の木の芽が吹いて、水の色との対比が綺麗でありました。
つい2週間前はまだ枯れ木だったのにね。
来週には小山の樹々も芽を吹くだろう。
今年も緑色の八重桜を見に行こう。
桜咲いても、八重桜の咲く頃まではまだまだ寒いね。
とても薄着でお花見というわけにはいかない。


河原でヨモギを摘んだので、今日は草餅を作るつもり。


d0101846_06545782.jpeg

3月25日 日曜 晴れ 旧暦2月9日
d0101846_21202280.jpeg
朝の空気、さまざまに花の匂いがして甘い。
モッコウバラにはすでに蕾があがっていた。


←庭の入り口




生地を買いに行って、カーテンは製作中。



暮れには部屋は割合キチンと片付いていたのだが、ここに来てまた元の木阿弥的に雪崩をうって汚部屋と化す勢い。

その辺に散らばっている衣類をなんとかせねば、という事で少し整頓をした。

この冬、どういう服を着ていたのか思い出して描いてみたら、
ほとんど同じ服しか着ていないのである。
冬の前半までは、市販のタートルネックを着ていたが、その後肩凝りがひどくなり、タートルだと肩のあたりが詰まってくる。
それで自家製の首から肩にかけてゆったりしたのを着ている。
黄色いストライプのも、太って見えてなんだかなぁな服だが、軽くて暖かいせいか、こればっかり着ている。同じのが二着あるので、ほぼ毎日これ着てる感じ。

服って脱ぎ着が楽ってのも条件だね。

ちょっとした買い出しとかも、ほぼこんな感じで行っていたようで、他の組み合わせが思い出せない。

結局、これくらいあれば事足りるのであるよ。

洋服掛けがスカスカと隙間があると何故かものすごうリッチな気持ちがする。
ちょっと頑張ってみよう。

まずは、カーテン。




3月24日 土曜 晴れ 旧暦 2月8日
d0101846_07323131.jpeg
寝る前に飲んだレモンティーが効いたか、昨夜はなかなか寝られず。
朝もゆっくりめ。

今日はどうにもこうにも眩しいので、レースのカーテン代わりに生成りの生地でカーテンを縫う事にする。
で、生成りの生地がないので車で買いに行く。


庭を歩いてて下を見てギョッとした。
なんじゃこれ、怪しのものに見えたが郁子(むべ)の実が朽ちたのを踏んでしまったようだ。
中から艶々の立派な種がいっぱい。

美しい紫だった実はほぼ分解されて朽ちかけている。
(郁子とは、アケビの仲間で、実もアケビのようなのが成ります)

郁子は植物園に行った時、ちょうどこういう種が落ちていたのを拾って帰り、うちで発芽させたのが大きくなった。(つるものなので困っている)

花はすこぶるきれいである。

このような楚々とした可憐な花が実を結び、年老いて朽ちて、艶々した種を残していくなんて、なんだかある美人の一生、という感じである(もちろん私ではない ぷ)

d0101846_07444568.jpeg

3月23日 金曜 晴れ 旧暦 2月7日
d0101846_20232019.jpeg
やっと晴れた。
やはり、朝起きて一度は外に出て、朝の空気を吸い込むっていいみたい。
もう少し暖かくなれば、また裸足で庭を歩いてみよう。

えー、地面の上に生きてる人は砂色のセーターのような服を昨日作りましたよ。

同じ型紙で作ってるので、どんどん作業はスピードを増し、朝裁断して夕方にはもう仕上がっているという、アパレル並みのスピード。
いや、ごめんなさい、そんなわけない。
アパレルの縫製の人っていったい1日にどれくらい縫うのだろう。
安い服の陰で大変な苦労をしてる人達がいることを考えに入れとかなあかんね。

先日縫ったインナーシャツを首元からチラッと覗かせました。


d0101846_07535050.jpeg

この生地、生地というより毛糸編みしたような生地。
ちょいとチクチクするけどそんなに気にならない。

形はこちらに載ってる白っぽいグレーのと同じ。

今回えりぐりは見返しを付けたのだが、接着芯を張ったら、それが透けて見えて、ちょっと手間取った。
生地が透けるほど薄いからね。
2センチぐらいの幅にして、三つ折りにして誤魔化した。
伸び止めテープも透けるしあかんね。

白のインナーをチラッと出してるが、きれいな青なんかもいいよね。


(と、ここで、ダイドコにおぢさんが現れる。
いっつも、ヒトがブログを書いてる時に現れる。ハラ立つ。
いつも、意識が中断してしまう。
今朝はもたもたと灯油缶に注油。立ち去ったかと思えばまた、水筒にお茶を入れにくる。
もう何書いてたかわからんようになってしもうた。
ハラタツ!!!)



あ、そうそう、この生地はこれと同じ生地ね。
これは見頃が細い。Aラインがあまりイケてなかったし、丈もほんのちょっぴり長い気がした。

こちらの方が着やすい。

この生地何メートル買ったんだっけ。
二着出来たし、大変お買い得だった。



3月22日 木曜 雨 旧暦 2月6日
d0101846_19265907.png
また雨ですね。今日でほぼ四っかめ。
昨日は洋裁する気力も起こらずぼぉーっとしておりましたが、そうだこの際、散髪に行こうと行ってまいりました。
今回は超極短にカットしてもらって、頭が異常に小さくなってしまいましたがスッキリです。が、若干異様なかんじ。

こちらも午後から気温はぐんぐん下がり、また灯油を買わないといけません。

美容院の人が前世関係の本を読んでいる、言うてはりました。
そういうのが、だんだんじわじわ広がってきてるんですね。

拾い言葉で、

「全力をあげて不幸になるひと」

というのがありました。

....居てはるんですね、、こういう人。
こういう人は、生まれ変わってこの世に出てくる前に、自分は今世は不幸に生きる、と決めてやって来てる、という説に一票。

お昼のメロドラなんかも、絶対にシアワセにはならない道を選択していくでしょう?
居てはるんですよ、そういう陰気なヒトが。
こっち道行ったらシアワセがある ちゅうのに絶対行かはらへん。

まぁそういう人はそういう風に決めて来たドラマを生きてるのだから好きにしといてもらわなしゃぁないですわ。


桜並木の蕾もうっすら赤みを帯びて来て開花ももう二、三日といった勢いですが、お花見用の服はどないなった。
あれ、柄合わせが億劫なりで先延ばしにしようかなぁ。

せめてまたメイク熱でも高めて春らしくしようかしら。
このメークアップアーチストの兵頭小百合さんのyoutube、参考になります。
メイクのやり方も日々変わっていっているのだ。
大人のお姉様向きに解説していただいているので有難い。