<   2018年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

4月30日 月曜 曇り 旧暦 3月15日
d0101846_06233436.jpeg

昨晩は連休家人一人プラスで、二階ウッドデッキにて月見をする。

天気は下り坂なんだろうか。明日はまだこの辺は大丈夫のようだが。
みなさま楽しい連休を過ごされるといいですね。 ‥なんちゃって。。



こんな強力な磁石があることご存知だろうか。
お子用のピタゴラスイッチ作るために買ったものだが。。

wateさんとこで、ブローチが磁石で止めるようになっているのがあると知り、
そう、針で刺さないから生地が傷まないのだ。
それはいいアイデア、そのうち私もブローチを作ろうと思うているのだが、
磁石だけでも使い道がある事を発見。

寒いので朝晩はまだヒートテックのタートルネックのを着ているのだが、着ているうちに段々と首元がゆるんできてだらしなーい感じになってくるのだが、
ここで、この磁石が登場。

後ろで緩んだ部分をこの磁石で挟んでしまうのだ。
クリップで挟んでいたのだが、こっちの方がいいに、、決まってるよね。
ピンで止めるのは首だからもしものことがあった場合危険であーる。

あと、昨日の着画のガウンコートふう上着の前を止め付けるのにだって使える。
かなり強力。

動きが激しいと落ちてしまうかもしれないがほぼ大丈夫。

スカーフを押さえるのにも使える。

ピアスにもしてみたが、耳痛い。キツすぎ。

磁石はアマゾンで買いました記憶。
使用写真はあった方がいいのか?

d0101846_06235157.jpeg
そして、セリアの報告です。
半年前、えらく熱心にセリアもので収納をやっておりました。

半年使ってみて、ちょっと残念だなというもののご報告。

まず、右端の水筒。
これは、あきませんでした。というよしか、「怒」でございますよ。
ドライブに行く時お茶を詰めたら、バッグの中で水漏れ。最初っから穴あいてたみたいですよぉ。。

真ん中の筒型のケース。
これは持ち手がよく取れるんですよー。
いい形なんですけどねー。

そして、大量に買った左端の丸いケース、これはフタの閉まりが、ガタつくようになりました。

うーん、やっぱり100円ですかねー、、という残念な気持ち。

ビニール袋やお掃除シートはリピートしてます。






4月29日 日曜 晴れ 旧暦3月14日
d0101846_20123831.jpeg

満月が近づいている。
朝晩冷えて、昼間は さわやか。
朝と昼では服を取り替えなければならない。

昨日はTシャツを作った。
今回はブラタンでなくふつうーのTシャツ。
生地が薄いのでね。
すごくよく伸びる生地。肩がラク。じゃっかん贅肉を拾うので一枚では着たくないが、家の周り100メーターくらいならいいだろう。
ぐわーんと伸びる生地はいい。引っ張ると1、5倍くらいは伸びる。

d0101846_06264288.jpeg
メンタルが試される時が来たようだ。
まず、身ぎれいにしていること、これって重要。


Tシャツの型紙情報だけど、WILDBERRYさんちのインナーカットソーという型紙使用。
タートルの型紙と、丸首、Uネックバージョンとセットになっている。
タートルは私にはちょっとキツかった。肩幅がね、ちょっと。メンズ用を買えばよかった感じ。
丸首はタートル部分を無くしただけなのだが。この丸首の形がいい。
袖も細めでカッコいい。
タンクトップは袖を無くした丸首バージョンで作っている。



4月28日 土曜 晴れ 旧暦 3月13日

d0101846_06200602.jpeg
すっかり肌寒さが戻ってしまい暖房を入れる。
おっと、ゴールデンウィーク今日から始まるのか。

庭の蜜柑の葉陰にこんなヒトたちが居た。でも人ではないね。
これは瓜葉虫さんの一種だろう。
この虫をモデルにしたキャラクターが時々このブログに登場する。

クロアゲハも一昨日辺りから飛び始めた。
この蜜柑の木にはナミアゲハが産卵するが、もうすでに卵が産み付けられていて、卵から孵ったのも居たりして、いよいよ夏だ。

金魚池でも産卵があったが、今年は放置している。
色々と手が回らないのだ。


こんな写真、私には葉陰で三人集まってなに話してる、と、微笑ましく感じるのだが、虫の嫌いな人には堪え難い画像なのかも知れない。

だからと言って、虫画像を出さないようにしてくださいなんて言って来られた場合は、そんなのカラスの勝手さ、と言ってやる。

人それぞれが、感じ方も好みも皆違うのだから、野暮なことは言わないのがブログというもので、無理して見ることはないのである。
クリックさえしなかったら見れないのがブログである。

ただ、ブログ会社のトップ画面にあまり見たくない画像が飛び込んでくる場合はちょっと困る。
公共性のある人は少し考えてくれたらなぁ、とも思ったりはする。

人は何を好ましく思い、何を毛嫌いするか、は、それこそ各人さまざまなのである。
中には想像すらできないものを毛嫌いする人もいるだろうけども、
想像できる範囲のことはエチケットとして心得ていきたい。

ということで、だいぶ引いた画像にしている。


残りの画像は里山ガーデンに載せよう。





4月27日 金曜 曇り 旧暦 3月12日
d0101846_12163600.jpeg


捨てようと思っていたビッグTシャツを使ってブラタンの試作第2弾。
これでいいんじゃないかなと。

前のはうつむいたりするとやたら胸板の厚い人みたく見えてしまったりラインが不自然だったりしたが、今度は大丈夫。
生地の性質にもよるみたい。

Tシャツも蘇りました。肌触りがとてもいい生地なので長年愛用してました。
夏はこれ一枚でおけーよ。
d0101846_06372603.jpeg
パッドの直径が大きいのにしたので安定感があります。
下着として作るならもう少し身幅を縮めてもいいかな。
伸縮性のあるカチッとした生地があれば安定感増し増しかな。

見本のアツギのは裏の別布(図の茶色い所)が二重になってたのだけど、二重だと生地が厚いものでゴロゴロしそうだから一重にしてパッドは縫い付けた。

襟ぐり袖ぐりのテープ、裏側も折り返して綺麗に仕立てたかったが、これも生地に厚みがあるので着心地重視で折り返さず、ロックミシンもなしで、見た目はよくないが消耗品だから良しとしよう。



洋裁カテゴリついでに図書館で借りた洋裁本情報。

d0101846_06481986.jpeg
こうの早苗さんの「布違いで楽しむ大人ワンピース」 という本。

こうの早苗さんの洋裁本は前から注目してたんです。
このモデルになってる方って、こうのさんご本人ですよね。
プロポーションが特異な人間離れしてるモデルさんじゃないとこが、すごくわかりやすくて、着たらどうなるかなというイメージがしやすく、どの服もすごく素敵です。

こうの早苗さんってパッチワークの方ですよね。
花模様の服が多いです。
こういうシンプルな形で柄物が着たい自分にはピッタリです。
柄物は着たいけど、既製服では、街で同じもの着てる人にバッタリの可能性がある、どうもそれが困る。
柄物は一点ものでありたい。

パッチワークの流れから洋裁へ....なんだかそういう流れを感じます。
パッチワークが出来る人は洋裁も簡単に出来てしまう、そう思います。
どっちが実生活に役に立つか、、ですね。




4月26日 木曜 晴れ 旧暦3月11日
d0101846_06065365.jpeg
今朝はまた寒いじゃありませんか。

去年の暮れに柿酢を作ってたの覚えておいででしょうか。
ガラスの筒に入れてテーブルの上に置き、日々柿がとろけていく様を観察していたのですが、ドロドロと溶けたあたりで家人のクレームが入り別部屋に移動。
その後、放置していたのですが、何やら酸っぱい匂いも漂ってくるし、ガラスの筒も花瓶に使いたいので、ザルで漉すことにしました。

これだけの柿酢が出来ました。
恐々飲んでみると、大丈夫です、サワードリンクのように砂糖を少し入れてみましたが、普通に美味しいです。

血圧を下げるとか、血液サラサラとか、色々と効能があるそうですよ。
そうなのかと思って飲むと、そうなんだと有り難く体に吸収されていくようです。

色も綺麗ですね。

毎日飲んでたらすぐ無くなっちゃいますね。
今年は梅酒ビンにいっぱいくらい作ってもいいかしら、なんて思いますが、2回目って大概失敗するんですよね。





4月25日 水曜 雨 旧暦3月10日
d0101846_06282090.jpeg
まとまった雨が降っています。
外はすでにジャングル化。 これで毛虫が湧いたらいったいどーしましょう。
噴霧器こわれてるしぃ。。

そうだ、せっかく綺麗に咲いてるナニワイバラも八重小手鞠もこの雨で散っちゃうではないか。


雨の日はあまりやる気が起きません。
動物として自然なことなのでしょう。猫も雨の日はひたすら寝ていますし。

最近映画もなかなか見る根気が無くなってしまって、ちょっと見ては、これあかん、これもあかんと、集中して観られるのに当たりませんが、
三谷幸喜のshort cut というの、期待しないで観たんですが、全編笑い通し。
役者はほぼ二人しか出ません、中井貴一と鈴木京香が夫婦役で山の中で夫婦喧嘩してるのが延々と続くだけなんですが、、

あと、デニーロとミシェル ファイファーの出てる金融詐欺の、あれも面白かった。
おお、ミシェル ファイファーさんもすっかり老けてしまわれて。。


ブラタンの研究は続いております。
アツギが出してるブラタン買って、肩紐が短すぎで失敗したのですが、ここの作り方はまた違ってました。
こんどはこれをやってみよー。

雨のせい?ネットの繋がりが悪いんだけど、、投稿できるかな。

4月24日 火曜 曇り 旧暦 3月9日
d0101846_06041591.jpeg
他にもやりたい事あるのだけど、ほそぼそさんちに先を越されると悔しいので^^;
前倒しにブラタンの試作に取り掛かりました。

えー、脚を締め付けるのが嫌ならば、当然上半身も締め付けなしで楽にしていたいのであります。
それでもう何年も前からゴムを使ってない物を探して着用しているわけです。

最初、トリンプから出てるZERO FEEL っていうのを使いました。
これは軽くてそれなりにオシャレ感もあり、
縫い目なしで良かったのですが、難点は、
どうして丈を長くしてくれんのか。(出てるのかもしれません丈の長いタイプ)
夏でもお腹が出ると冷えるので、これの上にタンクトップを重ねなきゃいかんので却下。
それにお値段高い。
最近ユニクロでもこのタイプが出始めたようですね。

それで、次に手を出したのがグンゼの無縫製ラン型インナーってのです。
これは楽ちんでお値段も安く何より肩紐の部分が長いので肩も凝らずよろしいのです。
難点は、ダサい。はい。

従来のは胸の下にきついゴムが入っています。これがいや。

(あ、今日の話、胸が軽量な人向きですのでそこんとこよろしく。
重量級だとまた事情は違ってくると思います。)

それでですね、グンゼのダサい、という欠点を自分で作ることによって、ダサくないものにしたい、というのがこの目的ね。

まず当地は夏過酷に暑い地域。インドより暑いのでありますよ。

それで一枚で着られるタンクトップがあれば便利。
ノーブラという最終手段もあるにはありますが、そこんとこは踏みとどまってね。


商品写真は各社のサイトからお借りしました。


d0101846_06232751.jpeg

でですね、この前から作ってるノースリーブのインナーにパッドを入れてみました。

製作図は上のイラストのようになってます。
裏の袋を白の布地にしたので、じゃっかん反射してます。少し暗めの色にしないと。
柄物だとミシン目はあまり目立ちません。
この生地は捨てようと思ってた服のリメイクです。型紙がいいと生き返りますね。

裁ほう上手というボンドがでてるみたいなので、それで一度試してみようかな。
そうすれば縫い目なしで出来る。

しばらく試着してみましたが、まだまだ改良点が見つかります。
胸の位置高すぎ。。
パッドの形もほんとは気に入らない。
これも何か手作りする方法はないか。
フエルトで成型する? むむむ。いいかも。

下着としてなら、身幅はギリギリ細くしたほうがいい。

などなど、まだまだ途中経過。

この上にゆったりした薄い麻の長袖上着なんか着たらば、暑い夏も快適に過ごせそうである。

4月23日 月曜 晴れ 旧暦 3月8日
d0101846_20433587.jpeg
暖かくなったので、たまには出かけなきゃと出かけましたが暑過ぎました。
道端にはサツキの花がわんさか咲いていて、いい香りです。

夜の明ける時間もうんと早くなって、またすぐ秋になるのだ、というのはせっかち過ぎるかな。




三年前だったか同窓会があって出かけたのですが、内気さんという友達がいて(字はじゃっかん違いますが)当時はウソやろその名前、あまりにぴったり過ぎるやんか、と笑っていた人がすっかり強気なフツーの人になっていて、言うのですよ。
「totiさんってそんなに目小さかったっけ」と。ふぁふぁふぁ。

ニャゴヤに帰ってから、友達にこんなん言われたと言ったら、その友達はいたく同情してくれたのだが、元々目が大きいのはあまり好きではなかったので気にせずにいた。

ところが去年だったかヨモギ摘みをしてる写真の顔が、なぁんかヘンなのであるよ。
どーも目の当たりが寂し過ぎ。
眉毛が薄くなってるのは気がついていて、眉だけは描くようにしていたのだが、どーも目の周りの筋肉も衰えていて、目が昔のように活発に動かない。
昔はじゃっかん三白眼だったのだが、どう頑張ってももう三白眼にはならない。

それでだ、存在を長いこと忘れていたまつ毛ね。
そういえばやたらまつ毛が抜けた時期があった。
抜けてもまた生えてくるのが常だったので、全く気に留めていなかったが、
どうも大量に損失しているらしい。それを見て確かめようにもローガンでよく見えないのであるよ(爆

それでね、まつ毛の問題ならマスカラを買えばいいじゃないかと言われるだろうけども、抜け落ちてしまって少なくなっているまつ毛にマスカラなど塗ってますますダメージを与えてしまうのがこわいので、長いこと買ったことのないアイシャドーをちょいと買ってみたよ。

アイシャドーって最近のブラウン系が多いのね。
しかしだ、ブラウン系なんかつけたらば、余計目が落ち窪んで見えるんでないの、という疑いが晴れず、青系のを買ってしまったよ。
派手すぎたらまたブラウンを一色買って混色するだよ。

ちょっと補う程度にしとかなあかんとは思うておる。決してつけすぎないように。爆。




4月22日 日曜 晴れ 旧暦 3月7日
d0101846_05560305.jpeg
わたくし、地位も名誉も財産もございませんが、これだけは自慢で、あちらこちらでこんなのを見せびらかしてヒンシュクをかっております。
プラスですかマイナスですか、20センチはいけます。
この写真はまだまだ余裕です。

しかしこのポーズも脳内イメージではもっとカッコいいのですが、なんだか‥野人のようですねぇ‥

というようなバカなことをやっておりますが、また低気圧が接近してるんでしょうか。
頭が重〜いです。

きのうはベランダのペンキ塗りを完了。
ついでに雨戸と玄関ドアもペタペタペンキを塗りました。

きのうは気温が上がり、さすがにズボンの二枚ばきはやめました。
この写真の時はまだ二枚だったっけ。
最近ちっとも風邪引かなくなったな。





4月21日 土曜 晴れ 旧暦3月6日
d0101846_06050338.jpeg
脚を悪くして正座が出来なかったが、いつの間にか出来るように治っていたので、趣味の場所を元に戻した。
ペタッと座ってこのような刺繍なんかしているといい気分である。





時々ツレが、テレビで仕入れた料理や家事の知識を自慢げに披露するが、たいがい「わかっとるわっ、そんなことっ」とオクサンにやり込められている。
(オクサンってわたしね)
何かいい例があれば話がわかりやすいのだが、とにかくしょうもないことばかりなので、こちらもすぐ忘れてしまう。

要するに、それ、主婦歴40年の人がそんなことも知らんとでも思ってるのか、ということにハラが立つのである。
そんなことも知らんで40年も主婦は務まらんし、それを知らんというふうに思っているこの同居人の無知にハラが立つ。


孫ニくんが小さい頃、何か教えてあげると必ず「‥しってるよっ」と見栄を張る。
いつか、あんまりそれを言うので、ちょいとここに座りたまえ、と説教をしてやった。

大人が何か教えてあげているのに、知ってるよ、なんて言うのは可愛げがないし、それに知ってるわけがない。外でもそれを言ってると憎たらしい子だと思われる。
あんただって、自分より小さい子に何か教えてあげて、しってるよ なんて口を尖らせて言われたんじゃ面白くなかろう。

というようなことを言って聞かせたら、よーく解ったらしく、
そうかそう言う時は「そーなんだー、知らなかったぁ」と言えばいいんだね、と半ばふざけて言っていたが、その後その癖はピタとなおった。


さて、私は同居人に「そーなんだー、知らなかったぁ」と言った方が可愛らしいということは分かっている。
分かっているが、誰に向かってそんなアホらしいこと言っているのや、というという気も抑えられない。

まぁ、私も大人だから世間様にはそうは乱暴なことは言えないけどね。



そーそー、思い出したよ。いい例。

「おまえ、天ぷら油が加熱して燃えだした時どうするか知っとるか」というのである。
「はぁ? ガス消して、野菜かなんか放り込んで、、蓋して空気遮断する?そんなとこかね?」
(実際そういう目にあったことがないので、ほんとにこれでいいのかどうか、もし経験された方がいたらばお話を伺いたいものだ)

「一番やったらいかんことは、水掛けることなんだぞ」と言う。

え〜〜! あったり前やん。
ちょっと待て、テレビでそんな事をまことしやかに放送してるということは、燃えてる天ぷら油に水かける人もおるんかいな、おそろしいことやわそれ、と思ったのだった。
そしてだ、私がそんなことも知らずに毎日台所仕事をしているのかという亭主の認識の問題にハラタツのりなのだ。


d0101846_06553798.jpeg