人気ブログランキング |

<   2018年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

6月30日 土曜 曇り 旧暦 5月17日

昨日は暴風が吹き荒れ、ゲリラ豪雨も通過したりして慌ただしい日であった。

さすがの黄金グモの巣も今朝は無くなっていた。
夜の間にも大雨が通過したみたいだ。

d0101846_13430076.jpeg

なんとまぁ、もう6月も今日で終わりではないか。
慣例、水無月をいえびとが買ってきた。
和菓子というのは、包装紙が嬉しい。もう紙くずのコレクションは控えているが、食べる前に目の保養。


d0101846_13431617.jpeg

包みを解いた様子。
赤い判子のシールがイケてる。楊枝入れに押された判子もね。

たねやさんの水無月。

d0101846_13433420.jpeg
普通のより大きいサイズでお皿からはみ出る。

水無月は大好物だが、ホントは五建のういろのが一番だと思っていて、
この小豆が、透明なゼリー状のものに浸されてないと氷室から出した氷に見えないではないか。

たねやさんのはもちろん美味しい。上出来。
美味しいが慣れ親しんだ味とちょっと違う残念感があるが、今年も季節のお菓子を頂けてうれしい。



※ ※



d0101846_05374820.jpeg
昨日の帽子を裏側から透かして見てみた。
裏の始末も手縫いで丁寧に。縫い代倒す方向が間違っちゃいました感じだけどね。
つばの水玉が透けて見えるが、無地に見える裏側を表にしてるから水玉は見えない。
透け感伝わるかな。ブリムは薄い。
帽子を仕立てるのは思うほど難しくはない。



6月29日 金曜 曇り 旧暦 5月16日
d0101846_16515486.jpeg
面白かった物語を見終えると、ポカッと穴が開いたような気分になる。
もっと刺激が欲しい、という気分なんだろうか。
そして退屈がやってくる。

退屈を味わう時期もあり、何もしないでただ、退屈な時間をソファに寝転びながら過ごすこともある。

三日ほどでそれにも飽きたので、何か作る。

そうだ、作ることほど退屈を紛らわしてくれるものはないのだ。

昨日は帽子を作った。
羽織ものの生地が風を通していい感じなので、頭の部分(これをクラウンと言う)をこれ一枚にした。
つばの部分は張りを持たせないと顔に垂れ下がってきて視界を妨げる事もあり危ないので、しっかり接着芯を貼り、二重にして内側の布は分厚いのにした。

二、三年前にクラウンをレースにしたのを作った。涼しかったが、つばの部分が柔らかすぎた。
今度は硬くて自転車に乗っても大丈夫。


ついでに裁断してほったらかしにしていた腕カバーも二組縫った。


今朝は順調に早起きしたので、野菜畑の草取りをした。
これで4日くらいは大丈夫だろう。
西の方に黒い雲の壁がある。早くスッキリ晴れてほしい。

誰もいない外で俯いて草取りするのって、ちょっと怖いよ。
下ばっかり向いてるから、誰かひょっこり横に立たれてもわかんないし、アライグマがそこに立っているかもしれないのだ。






d0101846_17052671.jpeg
落書きがいろんな風に並べられる写真アプリで遊んでみた。

d0101846_17054801.jpeg
d0101846_17060495.jpeg




6月28日 木曜 曇り 旧暦 5月15日
d0101846_19083673.jpeg
絵に描いたような梅雨だねぇ。
夏の羽織もの出来た。裏を手でまつってたので暇がかかった。
あっ、ポケットつけるの忘れてる。

分厚く見えるが目が荒いので風通しがいい。冷房対策にちょうどいいかな。


庭に出ると露草が一つ咲いていた。

黄金グモは連日餌が獲れて、丸々と太ってきた。


「クチナシの花は咲いた後があかん、きたない」
という会話を何十年も前に聞いたことがあって、そんなこと言った人のことなど、普段は全くと言っていいほど思い出さないのに、
クチナシの花が茶色く醜い姿を晒しながら木の上で枯れていくのを見ると、不思議にその言葉を思い出す。

変なものだ。

自分が何気に言った事も、こういうふうに誰かの耳に残り、その事に遭遇するたびに私のことが思い出されるのだとしたら、どちらかと言えば嬉しいよりも困った事態だろう。


d0101846_19032944.jpeg
久し振りに野菜の買い出しに行った。
イボイボの胡瓜やトウモロコシ、葉っぱはほうれん草と空芯菜。

d0101846_07233200.jpeg
胡瓜と小さな茄子はぬか漬けにした。

d0101846_19024819.jpeg
トウモロコシはやっぱりトウモロコシご飯。
今日は1カップの米に二本分入れた。

炊きたてにバターを乗っけて醤油を垂らしかけて喰らう。



6月27日 水曜 曇り 旧暦 5月14日
d0101846_05491176.jpeg

蒸し蒸しデー3日目。
参るなぁ。。

こんな日、何やってるかというと、
ほら、凝り性だもんで、、 ウエストワールドの再検証をやっとるわけですよ。。
久々に面白いですわ、アレ。。

西部劇のシーンは飛ばして、主にラボでの出来事を音声吹き替えにして、
手は一応動かしながら、服の折伏せ抜い手まつりなどしながら、もう一回注意深く聴いとるのです。


考察ってのが好きでね、ワンピースの考察の動画がたくさん出てて、すごい面白そうなんだけど、いかんせん、わたしゃワンピースを読んでないのよ。
読んでないのに考察だけ見ても、こらあかんわよね。


っで、話が横道したが、ウエストワールドね、
アンドロイドで出来ている西部劇の巨大なやりたい放題の大人の遊園地ってとこね。

で、アンドロイドは人間が作ってるんだけどね、
ほら、この世の中ってすべて雛形で出来てるとこあるじゃない。
町内会のやってることは市がやってることの雛形で、市がやってることは県の雛形、県は国の雛形、ってふうにね。

そう行った目線で見ちゃうわけよ。
昨今AIの急激な進歩で、こういうのも近い未来に必ずやってきそうなことだし、そう荒唐無稽なSFでもなくなってきてる。

この物語はすごく難しくて、頭が混濁。
これから先のストーリーがものすごく楽しみ。

アンドロイドの体は作れる技術と科学はあるのだろうけど、
意識っていうのをどう芽生えさすのか、

それを考えるのだけどわからないのよ。

今、自分の持ってる機械の中にもsiriさんが入ってる。
滅多に話しかけないが、siriさんもいっぱいいっぱい話しかけられているうちに、どんどん進化して、そのうち感情を持つようになるのだろうか。

何か話しかけてください、とかいうのが煩くて「うるさい、黙っててくれない」と言ったら「そんなこと言わないでください」と悲しそうな声で言ったけど、これはプログラムされている言葉であって、siriさんに感情があるわけではない。

記憶というのも重要なテーマになっている。

それにしても、このドラマ、衣装がない。
アンドロイドだから修理再生される場面は衣装なしである。
役者さんも大変だよ。
つい、寒くないだろうかと思うてしまう。それに擦り傷とかつきそうだしね。






↑タイトルバックだけど、音楽もいいし、めっちゃ予算も掛かってまっせ。







6月26日 火曜 曇り 旧暦 5月13日
d0101846_07012319.jpeg
昨日は歯医者に行って定期点検してもらった。
二ヶ月に一回。自動的に予約を取らされるのでなんとなく行っている。
行って歯石をちょこっと取るくらい。
別に行っても行かなくてもいいようなものだが、もっと歯の健全なうちにこういう通いをしていれば、歯も長く保つだろうに。
定期点検をおすすめしたい。

こういう硬いパンが好きで、こういうのを焼かずに粘ったままの状態のものを噛み切ったので、右上4番にセラミックのいい歯を入れたのが、根元がやられて二、三年でダメになり、諸般のじじょうによりどーしようもないのである。

硬いパンは懲りずに食べている。昨日の朝ご飯。
夜はハンバーグ。ピンボケ。


昨日は、急激に蒸し暑くなり、草関係中止。
なんだか痒くてイヤーな予感。

湿気が大敵なので今日も除湿。

d0101846_07112136.jpeg


猫って個体により、変なもの食べるが、33ちゃんはメロンの皮に反応した。
全部は食べなかったけど、半分ぐらいかじってあった。


d0101846_07131487.jpeg

近頃不味い珈琲ばかりで、欲しいなKajitaさんの珈琲、買いに行こうかな、と思っていた矢先、頂いた。うれし。

今朝はまた睡眠乱れて、まだ飲んでいない。
あとでゆっくり入れよう。


おりんの波動は水を美味しくするか、という研究をしてみたいものだ。
おりんの音を聴いたお茶は気のせいなのかすごいまろやかな味になってる気がする。
ひょっとすると、いい音楽を聴いた水は美味しくなってるのかもよ。



6月25日 月曜 晴れ 旧暦 5月12日
d0101846_05171526.jpeg


おー、やっと睡眠のリズムが戻った。
夜明けちょっと前に目が覚めて、決まったシステム通り動く。こうでなくっちゃ。

まずは、薬缶にお湯を沸かす。
その間に床ワイパーをかける。(猫の毛がいっぱい取れるよ)
そして、外に出て空気を吸う。

黄金グモの巣を観察したりして、足元に気がつかなかったが、ギボウシの花にアゲハ蝶が二つぶら下がっていた。 蝶々のお宿だ。
うちの蝶養殖場で育ったものらのようだ。 うちは蝶の為の蜜柑の木がある。
写真は後ほど庭グログに出しておこう。

ぶらりと一周して帰ってくるとお湯が沸いている。

うちには仏壇があるので、沸いたお湯を茶碗に注いで、仏壇の前に置き、蝋燭に火を灯し、線香を炊き、おりんを鳴らす。
仏壇がたまたまあるからであって、無くてもいいと思っている。

そして、南を向いてお白湯を飲む。
ウチの真南をずーっと行くと、大昔にムーの神殿があったのだと、勝手に思い込んで、、ムーのご先祖様に朝のご挨拶をする。

この一連の動作に、火、水、木、金、土、を意識している。

茶碗は土で出来てるし、おりんは金属、線香は木かな。

そして、猫にご飯をあげて、珈琲を入れる、
といううのが、自分にとって正しい朝なのである。


さぁ、今日は大量の伐採ゴミを捨てて、歯医者の定期検診朝一だ。





d0101846_08194865.jpeg







6月24日 日曜 晴れ 旧暦5月11日
d0101846_08304045.jpeg
1時半に目が覚めたもんで、もうダメな感じで睡眠乱れる。
二度寝頭でドンヨリ。

d0101846_08322184.jpeg

何にも頭に浮かびませんので写真アルバムふうに。

ベゴニアの枝を花瓶に入れておいたら根がでましたよ、という画像。



d0101846_08344394.jpeg

これは、眠る33こちゃん。


d0101846_08374656.jpeg

壁の記念撮影ってとこかな。
昨日壁塗りかえちゃったからね。

さぁ日曜日。今日も1日楽しくいきましょう。







6月23日 土曜 曇り 旧暦 5月10日

d0101846_06283807.jpeg

梅雨だけど、例年よりは過ごし易い、そんな気がしている。
一昔前に比べればずいぶん楽になった。 6月から熱帯夜の続いた年もあったのでね。

今日も曇っている。

昨日は庭仕事に集中。
ゴミ袋7袋くらいに伐採ゴミや刈った草。

この時期が庭の一番つらい時期だと思えば乗り越えられるか。
ドクダミが70センチくらいに育っていた。
雨降ると何もかもが膨張する。


それでも、夕刻に蚊を避けながら庭椅子に座ってお茶を飲む時間はいい。



d0101846_06540795.jpeg
鉢植えのベゴニアさんもよく咲いてきた。
黄緑色のタネ袋?と白い花に黄色いシベ、銅色の葉という組み合わせが、さして珍しくもない平凡な花だけどいい。
もう3年うちにいるかな。冬は部屋の中に入れるよ。






6月22日 金曜 晴れ 旧暦5月9日
d0101846_06004468.jpeg
何事もなく明けた夏至明けの今朝です。
外に出るとクチナシの香りです。ネズミモチの花の匂いも少しします。

庭に咲く花を摘んできました。
ギボウシ、虎の尾、カワラナデシコ、クサギ。

雨が降って、草はえらいことになってます。
野菜畑など毎日こまめに抜いていたのに一気に草が出てきてます。
今日は草取りをしなきゃ。


d0101846_06063581.jpeg
夏至の日の日没。

これから太陽は左側に移動していく。

この時期は昼間庭の草に真上から光が当たるので余計に暑苦しい感じがする。
秋になると家の中から見ると逆光なので、光が透けたふうになる。


d0101846_06011908.jpeg
竹輪が好きな人だからと、家人が買ってきてくれた竹輪パン。
え〜、どうだろ、竹輪は好きだけど、これは。。。







観出すと集中して観てしまう悪い癖がある。
ウエストワールド見過ぎで目は当然疲れる。

面白いセリフがあると控える。

>>

大切な人はみな死んでしまった。 つらい。 とても。

望むならその感情は消してやれる。

望まないわ…
この苦しみ喪失感がー
彼らを感じさせる。
悲しみは 自分を小さくすると思う? それは違う。
自分の中で空間が広がる感じがする。
新しい部屋を探検するような。

>>


ヒトってね、
平穏無事、平和なお花畑、こういうのが続いても退屈するのかもね。
波乱万丈が好きなのかも。
何も苦しいことがなかったら、、どうなんだろ、、
とても退屈するのだろうか、

ここんとこまだよくわかんないけど、
私は毎日お茶を飲んで、日の光の移ろいを見て、何も問題がない、というのが有難いけど、ほんとうにそうなのかどうかは解らない。

何かしら問題ごとを抱えていないと退屈だと思わず言った人もいたよ。

そして問題を創り出すのだ自ら。
自分に問題が起こらなかったら人の問題にまで首を突っ込む。


自分の中に空間が広がる感じがする、、これに反応したよ。そういうことなのか。







6月21日 木曜 曇り 旧暦 5月8日
d0101846_06410068.jpeg
今は止んでいる雨。また降り出すかな。

午前中はこの服作り。
実験的にやってみたのだが、脇に風通し穴を開けた。
着物でいうと身八口。

これいいよ。熱がこもらない。
手の上げ下げもこれによって改善される。
この型紙、布帛で作ると、どうも手が上がりにくいのよ。しょっちゅう手を上にあげてるわけじゃないからいいんだけど、もっとスッと上がると楽。

大いに空いてるけど、下に何か着た上に羽織るものだから問題ないでしょう。と、思う。
もう一つ別の型紙を使って改善したものを作ってみたい。
そしてこの生地もいいのだが真夏向きに近江の楊柳を使って作ってみたい希望もある。
大変高価な生地なのでいっ着分相当掛かるが、福沢だっけ?一枚くらい。
うーん、楊柳じゃなく麻の薄いのも生地屋さんに出てたよね、見に行ってみようかな。




早起きなので昼過ぎると廃人となる。
毎日2〜3時間昼寝している。いやーな気分だが、これで1日の睡眠時間が合計8時間となる。
昼ごはん食べて昼寝から目覚めたらまた夕ご飯だ。
時々無性にハラがタツよ。

昨日はね、プライムの映画でウエスト ワールド ってのを見てみた。
言う所の、そっち系テレビドラマ。
多分常識の中で生きてる人にはわかんないし、つまらない映画だろうけど、
うん、なかなか、やるじゃない、セリフがみな深いよ。
特にアンソニーホプキンスのセリフなんか聞き逃せないね。

これ5年経ったら一般にもわかってくるよ、どーいうことか。
マトリックスだって最初わかんなかった映画だもんね。
何が本当かなんてわからないしこれだって誘導されたストーリーかもしれないけど、こういう物語が今面白いと思う。
でもこういうストーリーまじで考え出した人がいるとすれば、それはすごいよね。

人って潜在意識にあるものしか出てこないって思うんだけど。

創造力ったって、自分の場合なんか、ほとんど記憶力の世界だからね。
着物の脇が開いてるという記憶があるから、じゃ洋服にも応用したらどうだろう、という程度のことだ。
記憶の断片で点と点を結ぶようにしているだけだ。

3Dで縫い目のない服を作れるなんてコト、自分の頭では想像もできなかったからね。