タグ:カレンダー ( 32 ) タグの人気記事

d0101846_10132908.jpeg

おおねむい。

昨夜、人が寝付いた頃に「火星だ!」と大声で叫んだヒトがいるんですよ。

寝付けん夜にやっと寝た時にねっ。

もうやになっちゃいますよ。

ひとりで火星に移住しようかしら。


11日の山の日って、知りませんよ。なんだか頭がボンヤリなので何か間違ってるカレンダーかもよ。



あ、今日はよその猫ね。




d0101846_09285972.jpeg


もうちと涼しげにしたいものだが、暑苦しいカレンダーとなる。
うちのプリンター、インクが無くなりかけているので、プリントしたらもっと暑苦しい色になった。
ほうっ、海の日が16日なんだ。



月曜日ってエンジン掛かりにくいね。
ぼんやりしている。
当地は梅雨明けなんかしてない感じ。




d0101846_17461523.jpeg

ねこが転がってる。
5月1日 火曜 晴れ 旧暦 3月16日
d0101846_20061173.jpeg
空気清涼。
北の方は桜が見頃らしい。今ぐらいの季節に桜が咲く方が清々しいなとオモウ。

昨日はモッコウバラ剪定と金魚池の掃除をしてもらってサッパリする。

その後、いつもより多いメンバーでそう遠くない里山にドライヴ。

d0101846_20374128.jpeg
小さな小川。
d0101846_20380087.jpeg
これは、クレソン、、だろうか。

ここは、蛍が出るという場所。

d0101846_06252974.jpeg
これが蛍の餌になるというカワニナだって。巻貝ね。






もっと土に近しくならないといかんと思った。
最近土から離れている。
もっと土っぽいヒトになりたい。

ナンジャモンジャの花が咲いていた。
植物スケッチをしている人がいたので、自分もやりたくなった。

帰りにみんなで蕎麦を食べた。



4月2日 月曜 晴れ 旧暦 2月17日
d0101846_20574119.jpeg
しゃて、今月もシアワセに生きていきませう。
今月の猫絵は、ちょっと佐野洋子ふうだな、なんて感想です。
モデルは33ちゃん。

おお、しかし雨降りませんね。
庭に水でも撒こうかしら。
今朝もモヤの向こうに太陽が昇ってきましたよ。

髪が短すぎると、服の裾丈が長〜いような気がしてきます。
髪が短いったって、いつもより1センチくらい短いだけなんだけど、これだけで、すべてのバランスが狂ってくるものだなって。
帽子をかぶると服の丈が長いというふうでもなくなるんですよ。
発見ですね。
髪の長さでこうもバランスが違ってくる。


d0101846_06410579.jpeg
月も変わったので木瓜と白玉椿だった花を生け替えましたが、ひよろっと長い葉っぱは、すぐさま猫に齧られておりまして、
クリスマスローズ、白雪げしなども水揚げが悪く、しお垂れてしまいました。







d0101846_19290138.jpeg

春の嵐通過中、ということのよう。
一回急に雷鳴轟きましたが、3月にはよくある程度の春の嵐のように感じますが。。

3月って風が吹くんですよね。
これが冬よりツラかったりもします。自転車ごと吹き飛ばされそうになることも。
一度、田んぼに落ちかけたことが。

雷鳴ると、なんだか宇宙エネルギーが振りまかれるようでいいじゃないですか。

雨のせいなんだか、寝違えたみたいで肩も痛いし、あちこち冴えません。


さて、三月じゃあーりませんか。
最近居間がまたリバウンドしてごちゃついてきました。
冷蔵庫は今のとこ大丈夫です。
暖かくなったら他の部屋の断捨離もするつもりでいるので、居間もなんとかキープしていかないと。



2月3日 土曜日 曇り 旧暦 12月18日
d0101846_21050281.jpeg


2月のカレンダー描けました。
図書館で借りてきた「切り紙 切り抜き 紋切りあそび」っていう本の中にいくつかいい図案があったので、試しに切り抜いてみたものを並べてみました。

使った紙がお菓子の包装素材なので印字されてるトコがいいのよ。(自画自賛)

このところまた月日の過ぎ行くスピードが上がってきてる感じが。また土曜日だよ。

今日が豆まきでいいのかしら。そして明日が立春。いよいよ春。



d0101846_21055439.jpeg

どう、この生地。
出かけたついでに立ち寄った生地屋さんで買った80センチほどのハギレなんだけど、
80センチしかないもので(W幅) ベスト的なものしかできないが、
上半分が表で、下半分は裏。

表は白い部分がもこもこして浮き上がっている。
顔に当ててみると裏の方がなんだか落ち着いてしっくりくるし、
表だとあと2週間くらいしか着られないふうだが、裏だと4月くらいまで着られそうだ。
というようなことをグダグダ決めかねている。
ちなみに500ガバスで買う。

ただ今もう一枚スェットパンツ制作中。


1月3日 水曜 晴れ 旧暦 11月17日
d0101846_21100473.jpeg

宴は終わり、しーんと静まり返った正月の夜でありました。
いつもと同じなんだけども、それまで賑やかだったので静けさが沁みるかんじにやってまいりました。

さて今朝は、いつも通りに夜が明けて、しばし珈琲タイムのブログ時間。

昨日は書き初めなどいたしました。
今月のカレンダーは、恐れ多くもお習字でございます。
いつも拝見しているモノも身の内さんで、今年の漢字というのの話題があったので便乗してみました。
身の内さんは「定」という字を選ばれました。
モノに全て定位置を決め、その場所に定める、これは私も実行したいと思っていますよ。

「戻」でもよかったのですが、ここは正月一発「気」ということにしました。

気合いですよ。気迫ですよ^^

「気」の付く言葉ってすごくたくさんあります。

気持 勇気 人気 気楽 気性 気力 陽気 陰気 気絶 気前 病気 景気 呑気 気圧

などなどなど、書ききれない、いや書くの面倒なくらい たーくさんあるのです。

「気」というのを自分流に解釈すると、目には見えないもので、どこか宇宙の彼方から飛んできた物質で、人の細胞の中に入り込んでいて、これが抜けるとさまざま弱っていく、そんなもののような気がしています。
自分流の解釈ですから信じないでくださいね。


d0101846_07393403.jpeg

12月1日 金曜 晴れ 旧暦 10月14日
d0101846_07063821.jpeg

あれよあれよと12月でございます。
カレンダーも青息吐息ながらも毎月出せて、まぁまぁがんばってるじゃあーりませんか。
さて2017年もあとひと月なんだけども、どうなんだろ、これから何か起こりますのでしょうか、特に何も飛んでは来ない、そぉんな気がいたしますが、いかがなものなんでしょう。
なにやら煽られていることとは正反対に、ほんまに今、不景気なのっという印象もあるのですが、何せ、家に閉じこもっている身の言うたわごとでございますよ。
ただ、しばらく通らない道を通るといつの間にか新しい家がボコボコ建っていたり、街もおおいに賑わっているということらしく。

ちょい気になることと言えば、うちの中学生辺りにテレビ離れが進み、YouTubeに夢中、ってことがありますね。
何を見てるねん、と見せてもらったことありますが、おばさん的にはそう面白くもないものでしたが、、
中学生が私の見ているYouTubeを見ても同じことを思うだろうと、、

それで、このテレビ離れをテレビ関係者が手をこまねいて見ているかというと、そうでもないことは、明らかでありますわね。
この場合テレビ関係者というより もっと上の段階の方でしょうけどもね。

YouTube見ていて、明らかに素人が出しているのもあるけども、これは一体どんなバックが付いているのだろうか、というのもありますわね。

手づくり市でも、最初はほんとに素人の気のこもった、面白いものも少しはあったけれども、今や家庭内工業製品みたいなのばかりで、おもしろうない、といったことと同じ流れがどの世界にも出てくるような、そんな気がいたします。

そういうようなことで、身の回りからも徐々に気がつかない程度に ぐつぐつと世の中の流れは変わりつつある、そーんな気がいたします。

それで、最近どんなYouTubeを見てるかというと、
この人が可愛らしいんですよ。
発信する情報もなかなか興味津々。
「お多福女神さま」ってあだ名を付けてしまいました。
艶々して福々しく、もの言いが柔らかくて、大好き。MCのお仕事されているようだけど、この人商品価値あるよね〜
和みます。
うらがあるのかどうかはわかりません、ぷ。





11月2日 木曜 晴れ 旧暦 9月14日
d0101846_07403254.jpeg
よく晴れて、今夜の月もよく見えることだろう。

怖い夢を見てたようだが、全く覚えていない。今朝は朝イチで整形通ひの日でも寝坊もしたので時間が押している。

とりあえず、11月のカレンダー。
画風が毎月ちがいますのぅ。
カレンダー買ってないもんで、取りあえずなんか描かないといかんのでデタラメです。
でも、描いたおかげで、明日から三連休なんだとわかる。


d0101846_09585176.jpeg
リハビリ終了。
帰りに
近くの産直の店でキャベツを買った。外皮をむいてもなお朝露が付いている。
とりたて 間違いなし。

d0101846_09583735.jpeg
道端で写真を撮る変なおばさんである。
スマホを使ってないが、こういう時はあるといいなと思う。
デジカメって、最近ハズカシイのだ。

今、田舎は稲刈りの季節で、こういう景色が一面に広がっているのだが、
この辺り、農業放置気味なので、よくみると田の中にすごい草が生えている。

都会に近い田舎暮らしっていいと思っている。