人気ブログランキング |

タグ:コースター ( 8 ) タグの人気記事

11月11日 日曜 晴れ 旧暦 10月4日
d0101846_07075798.jpeg

新月を過ぎてまだ3日なのに、昨夕は綺麗な三日月が西の空に出ていた。
オレンジシャーベットの色の夕暮れでありました。

子供の頃食べたカップに入った10円のオレンジシャーベットは、あれは糊でもはいっていたのだろうかね。
そんなの食べてたけどまだ生きている。



チビtotiの頃、夜中にふと目が覚めたとき、真っ暗で怖くてね、
どうしようと怯えるわけ。
そうだ、何か楽しいことを考えればいい、


楽しいことってなんだろう、ってしばらく考えて思いついたのが、
石原裕次郎の映画なんかで、楽しそうな場面はみなダンスホールでダンスを踊っている。
ああいう場面が楽しい、ということなんだと思ったチビtotiは、石原裕次郎と桑名みゆきが踊るシーン(そんなのあったのか?]なんかを思い浮かべて、寄る辺ない暗闇の中をまた寝入っていくのだが、

ある日気がついた。

あのシーンは石原裕次郎は楽しいかもしれないが、私にはちっとも楽しくない世界だ。
そりゃそうだろ、コドモだもの。

それで、自分にとって楽しいことってなんなんだろう、ってことのアンテナを張り出したん。

夜中に真っ暗な中に目が覚めても、これの事さえ思い浮かべて入れば幸福な気持ちになれるものって何なのよ。

というようなことがあったせいかどうか、

自分に何か才能があるのだとすれば、
それは、楽しいことを見つける才能だと思っている。


d0101846_07275175.jpeg
図書館で借りてる、中国ミャオ族の刺繍の本。
昨日のクロスステッチの図案のようなものはここから起こした。
本物はすごく細かい。
クロスステッチは好きだったのだが。布の目を拾うのが、おメメ疲れるのでやめていたが、今回お試しにやってみたのは、
布に布用のペンで×を描き、クロスにステッチしてみた。
これなら布目は無視できて目も楽ちん。




10月11日 木曜 晴れ 旧暦 9月3日
d0101846_20460528.jpeg
モラ(なんちゃってモラ) をやってみたが、久しぶりにやったので、あまりお見せしたくないが、ネタが無いのでしかたない。
小さい写真では分かりにくいがボロボロであります。
でもそれなりに可愛いかな。

もう少し大きなサイズにすることと、ほつれにくい生地をセレクトする、ということだろう。


d0101846_21465657.jpeg
まず図案を作って、布に写す、
これが ね、 難問なんじゃないのかな。
写す方法、
これが我流だもので、他にどういうやり方があるのか、

思い出したけど、手芸洋品店で色々珍しい道具を仕入れてたんだ。
一度、布に転写する方法、ってのの特集を組もう。

今回はカーボン紙でガリガリ写した。
洗濯して大丈夫か確認してみたが、大丈夫。

d0101846_21473444.jpeg
見え難いけど下に濃い色の布を重ねてます。
古布は色落ちしそうなので他のにしました。

d0101846_21480729.jpeg
こんな感じに切り抜いて綴じつけていくのです。
ね、図案が小さいので折り込む場所が狭く、布もほつけやすいし、あちゃ~ヨ。

d0101846_21484031.jpeg
結果こんなふうになり~の、刺繍して誤魔化したけど、あきませんでしたぁ。。

d0101846_07055774.jpeg
リベンジするぞっ。





10月10日 水曜 晴れ 旧暦 9月2日
d0101846_06380927.jpeg


今朝は真っ赤な朝日が昇ってきて、花札の八月の図柄のようでした。
東は晴れているけど西は雨雲が。
さっきも狐の嫁入りが。

昨日はセリアに買い物に行ったので、生産的なことはできませんでした。
セリアは久しぶりですが、お掃除用の替えシートなんかのリピートものを主に買いました。
去年ほどの感激は薄れてきました。

モラを作るのに布をセレクトしてみました。
ベージュと藍。無難過ぎかなぁ。変えるかもしれません。

少し前に刺繍でコースターも作りました。
秋だからね。



d0101846_06451191.jpeg
きのう、おいしそうな海苔弁を拝見したので、今夜は海苔弁だ、と決めました。

海苔弁には竹輪の磯辺揚げは欠かせないだろうと、近くのコンビニに竹輪を買いに行きましたよ。
竹輪の他に特に入り用なものもなかったので、竹輪だけ持ってレジに行きました。
袋にお入れしましょうか、ってお兄ちゃんが言うのです。
そりゃぁ入れて貰いたい。
きのうは小さなポシェットで行ってます。
やだよ、オバさんが竹輪ぶら下げて道歩くのかい。想像しただけで笑えてくるじゃないか。

コンビニは、倉庫的に使ってます。
粉とかパン粉とか、ちょっとした調味料とか足りないものをコンビニで買うことが多いです。
料理の途中でも買いに行けますからね。便利です。
小さな店の中に、よく考えられた商品選びをしていて流石だなと思います。

時々すっごい無愛想でこっわいモノの言い方するお姉さんも居ますが、いいのです。
すっごい無愛想なひとでもコンビニの店員が勤まって、案外おじさんたちにも人気があるようなのを見ると安心するのです。








10月7日 日曜 晴れ 旧暦 8月28日
d0101846_19155511.jpeg
東の雲の隙間から金色の朝日が出てきて、台風も過ぎたのかな。
今日も暑くなりそうだけども。

今月のアップリケ、なんてのが継続するといいのだが…
無理にでも作る、というのもいいかもしれない。

d0101846_06393617.jpeg
ピンボケさんですね。
アップリケは布の見立て、というのに気を配っているざます。
ウールのちっちゃなハギレの出番でした。
底の所は刺繍で。(もう少しダークな色の方がよかったです。遠くから見ると地の色と混同してしまう。




昨日のランチに鯛ラーメンというのを食べに行きましたよ。
スープと麺がよう出来てました。
トッピングがね、鶏の胸肉みたいなのとハムみたいなチャーシューが乗ってましたが、
あれはオバさん的には乗っけなくて、あぶり鯛のほぐし身と、煮卵、ネギ、なんかではいかんのかいな、と思うたなり。
麺を食べ終わったスープにご飯を入れて雑炊ふうにして食べたら美味しいだろうと思った。
あと蓮根と、なにやら青い葉っぱが乗ってましたが、ま、いいでしょう。



飴国さんがまるで「24」みたくなってきてるんじゃないでしょうか。
いよいよでしょうか。

アホですね。笑










4月21日 土曜 晴れ 旧暦3月6日
d0101846_06050338.jpeg
脚を悪くして正座が出来なかったが、いつの間にか出来るように治っていたので、趣味の場所を元に戻した。
ペタッと座ってこのような刺繍なんかしているといい気分である。





時々ツレが、テレビで仕入れた料理や家事の知識を自慢げに披露するが、たいがい「わかっとるわっ、そんなことっ」とオクサンにやり込められている。
(オクサンってわたしね)
何かいい例があれば話がわかりやすいのだが、とにかくしょうもないことばかりなので、こちらもすぐ忘れてしまう。

要するに、それ、主婦歴40年の人がそんなことも知らんとでも思ってるのか、ということにハラが立つのである。
そんなことも知らんで40年も主婦は務まらんし、それを知らんというふうに思っているこの同居人の無知にハラが立つ。


孫ニくんが小さい頃、何か教えてあげると必ず「‥しってるよっ」と見栄を張る。
いつか、あんまりそれを言うので、ちょいとここに座りたまえ、と説教をしてやった。

大人が何か教えてあげているのに、知ってるよ、なんて言うのは可愛げがないし、それに知ってるわけがない。外でもそれを言ってると憎たらしい子だと思われる。
あんただって、自分より小さい子に何か教えてあげて、しってるよ なんて口を尖らせて言われたんじゃ面白くなかろう。

というようなことを言って聞かせたら、よーく解ったらしく、
そうかそう言う時は「そーなんだー、知らなかったぁ」と言えばいいんだね、と半ばふざけて言っていたが、その後その癖はピタとなおった。


さて、私は同居人に「そーなんだー、知らなかったぁ」と言った方が可愛らしいということは分かっている。
分かっているが、誰に向かってそんなアホらしいこと言っているのや、というという気も抑えられない。

まぁ、私も大人だから世間様にはそうは乱暴なことは言えないけどね。



そーそー、思い出したよ。いい例。

「おまえ、天ぷら油が加熱して燃えだした時どうするか知っとるか」というのである。
「はぁ? ガス消して、野菜かなんか放り込んで、、蓋して空気遮断する?そんなとこかね?」
(実際そういう目にあったことがないので、ほんとにこれでいいのかどうか、もし経験された方がいたらばお話を伺いたいものだ)

「一番やったらいかんことは、水掛けることなんだぞ」と言う。

え〜〜! あったり前やん。
ちょっと待て、テレビでそんな事をまことしやかに放送してるということは、燃えてる天ぷら油に水かける人もおるんかいな、おそろしいことやわそれ、と思ったのだった。
そしてだ、私がそんなことも知らずに毎日台所仕事をしているのかという亭主の認識の問題にハラタツのりなのだ。


d0101846_06553798.jpeg


2月13日 火曜 曇り 旧暦 12月28日

d0101846_07220642.jpeg
あいも変わらず寒くて、もう飽きてきたよう。

針仕事にせいを出しすぎて、ちょい肩こりなのでしばらく休憩。
乗り物であるカラダはポンコツとなりつつある。


そんなことで今日はセリアグッズで工作したものを。
第1作はスキーヤーふうだった。
今回、アイスクリームに付いてくるスプーンを利用して顔とボディに。

スカートと帽子に、セリアのバレンタイン商品、チョコレートを入れる水玉模様のアルミカップを使った。

目は赤ビーズ、口は、グルーガンの青のものでぐにゅっと描いた。
フレアースカート部分は大昔ドイツに行った時スーパーで買って温存していた不織布の布巾をこの際処分。柄が素敵だ。

d0101846_07222331.jpeg
棚に並べてみた。このウサギ型の袋も面白いので買った。
ちなみに、性格がかわいくない人なのでバレンタインとかは関係ない。やらない。







昨日のメメントモリだが、こういうのもあった。

インドだろうか、水辺に男が死んでいて、それを犬の群れが食べている。
犬が食べた後は鳥がやってきて、一皮残らず食べ尽くす、というちょい怖いのもあったのだが、
その後に白骨となったものが川辺に転がっている写真は妙に美しく、こういう言葉が添えてある。

>あの人骨を見たとき、病院では死にたくないと思った。
なぜなら、死は病ではないのですから。<



自分たちは何かニセモノの世界に生きている。
ああして、地に帰り、一皮残らず骨の髄までが生かされ、それでマリーゴールドの花が咲きカリフラワーを育てるかもしれないのだ。

> 人間は犬に喰われるほど自由なのだ <

とも書いてあり、

そう思ってしまうと、何も怖いものはないのだ、と思えてくる。










12月21日 木曜 晴れ 旧暦 11月4日
d0101846_06412141.jpeg
このところ毎日 日の出がきれいだ。
毛布は暖かい。

大根の漬物は、待ちきれなくて一本食べてみた。まだ浅くにしか漬かってないが、サラダ感覚でパリパリ。
生で食べたって美味しいんだから、二日間 糠と塩に浸かってればそりゃぁおいしくなる。
これからどんどん味が変化していく。
試食ばかりしてると直ぐになくなりそうだ。

お正月に向けて今日辺り白菜漬けを仕込む準備もしたいな。

今日は亭主を皿うどんで釣って、ゴミ焼却場に粗大ゴミを持ち込む。
粗大ゴミは取りに来てもらうと1点800円。
持ち込めば重量分。
この前ゴミ焼却場の近くに皿うどんの店を見つけたのだ。
それで、ゴミを捨てるついでにお昼皿うどん食べようね、ということにするとニコニコと捨てに行ってくれる。

何を捨てるかというと、壊れたスタンド、石油コンロ、壊れた回転椅子、など。
石油コンロは悩むところだよなぁ。これ昔、親のところから危ないからと強制的に持ち帰った品物。
何か有事の時にこれをコンロがわりに使えるかなと持ち堪えていたが、もういいや。捨てる。これがあると掃除がしにくい。


d0101846_07023144.jpeg
上の写真のチェック柄を裏返すとこんなふうになっている。
刺繍したところが裏に出てしまったところを、ちょっと遊んでみた。
案外裏の方が面白かったりするのだ。


本日の拾い言葉

「やる気」があるから「やる」のではなく、「やる」から「やる気」が出てくる








12月19日 火曜 晴れ 旧暦 11月2日
d0101846_07203527.jpeg
チクチクは発展した。
ストライプを作ろうとしたけど、いっそチェックの方がおもしろいや。
しばらくハマるかもしれない。
そうそう、こういうのしてると脳から何かが湧き出るのよ。


最近思うんだけど、時代時代によって、こういう生活がトレンドよ、というようなモデルケースが提供されるが、
それってまさに提供されたものであって、うかうかと乗ってしまって、あたかも自分の考えのように錯覚してしまうけども、じつは導かれたもので、
我々というのは夢でさえも誰かの夢を夢として見なければならないのか、というようなことを思うのだ。

だもんで最近雑誌というものは曲者だ、と思うようになった。

ほんとうの自分の望みってなんなんだろ。
それさえもわからないという、人間というのは小さくて儚い生きものなのだろうか。

ぷぷ、なんだかよくわかんない文章で失礼こきますた。