タグ:氷写真 ( 8 ) タグの人気記事

2月23日 金曜 晴れ 旧暦 1月8日
d0101846_17423324.jpeg
おでこで充電。いい天気。

いい天気だけど、気分は晴れない。
引き続き、「男は謝れない生きものなのか」 を 考えている。

「ごめん」って一言言えば済むやん、その方が得なんちゃうの、というのはこっち側の理屈で、どうも、どうしても謝るということが出来ない理由があるらしい。

男は、と書いたけど、男の全部がそうだとも思えないし、女だってそういう人はいると思う。

ごめんなさいとありがとうはワンセットのようだ。
ごめんなさいの言えない人はありがとうも言えないようだ。

「男 ごめんなさい 言えない」で検索すると結構たくさん出てくる。

その中で「ごめんなさい」が言えない心理 というのが読み応えがあったのでリンクをつけておく。

これによると、ごめんなさいと言えないということには罪悪感が関係していると。
自分に対する無価値観も関係していると。

ことの大小にかかわらず、非を認めてしまうことは負けということになるらしく、どーしても言えないそうだ。
理解できない。この心理。

これを読んでると完全に病んでるんじゃないか、という印象だが、男の大多数がこうだとしたら、これはすごい社会じゃないか。
大多数の人が罪悪感でがんじがらめになり、自分に無価値観を持っていることになる。

何がこうさせるんだろうね、もっと心を解きほぐして軽く生きてほしいよ。

って、原因は自分かもしれないけどね(爆

自分が勝手に罪悪感だの無価値観の色眼鏡越しに物事を見るもので、致し方ないじゃない。

このような心理まで掘り下げることもなく、もっと単純なことかもしれない。
男は火星から来て、女は金星から来た別の生きものだ、という説も押す。

創造主が、罰ゲームとして敵対する火星人と金星人を仲良くしないと子孫が残せないという究極の罰ゲームを仕掛けた、という話も好きだ。

近い将来男という種族は絶滅に向かっているという確かな研究結果も出ているらしい。

あまりにも幼稚なので、さもありなん、と頷く。




2月10日 土曜 曇り
d0101846_20184327.jpeg
33こは手芸研究家なのか。
手仕事始めると忍び寄る。

d0101846_20190280.jpeg
じーっと見る。
じわじわ近寄る。

d0101846_20192972.jpeg
紐コレクターだったのか。


以前教えてもらったっけ、
「絵描きと名乗れば絵描きなのです」と。
そうなのだ、名乗ってしまえばこっちのもの。
絵描きと名乗るのはやっぱ無理なので、手芸研究家とでも名乗っておこうかしら。

料理研究家、片付けアドバイザー、なんとか評論家 などなど、なにやらわからぬ名前が横行。


.......


先日、ドラッグストアーに行ったら、運悪く二つあるレジ、両方男子老人がお勘定していた。
男子老人、早い話がお爺さんであるよ。

案の定、小銭をガチャガチャで一向にコトが済まない。
挙句、やっと払い終わったが、その場を退かない。
その場で財布にお釣りを仕舞ったりして大きなカートごとレジ前に居座り続ける。
仕方なくその小さいお爺さんの頭越しにカゴをレジの人に渡した。

一言言ってやろうとも思ったが、最初の言葉が出てこない。
こういう場合、おじいさん、なんて言っちゃったらマズいだろう、じゃ、どう言えばいい? おじさんも適当ではない。
こっちだってヒトにおばあさんだのおばさんだの言われたんじゃ腹が立つ。
女子老人の場合は奥さん、くらいに言っておけば角が立たないが、男子老人はどう言えばいい。

そうだ! おにいさん、と言えばよかったんだ。
「おにいさん、そこちょっと動いてくれませんかね」くらいだと、そう気も悪くないだろう。
なにせ、おにいさんには違いないのだからね。




今日の氷写真




1月30日 晴れ 火曜 旧暦 12月14日
d0101846_08022557.jpeg
2時に目が覚めちゃって、いけないパターンよ。ニドネ 二度寝。

すごい氷で、今朝も張ってるけど、気温は少し緩んでいるそんな感じ。
猫が布団に入ってこなかったからね。

バリンと氷を割ってやったぞ、な写真ね。


d0101846_08064808.jpeg
歯にご用心なおやつ。
決して丸かじりしてはなりません。小さく小さく割って。

生姜板ってのが伊勢参りのお土産の定番だった時期があった。
形は熨斗の形だった。
これは出雲ものらしい。

甘いものはとことん甘いのが好きな私はこういうのが好きである。
甘さ控えめのアンパンとか、ハラが立ってくる。
甘いのを食べたいと思うから甘いものを買ってるのに甘さが控えめなんて怒れちゃう。

そのかわり、普段は甘いものは食べず、時々大甘なものを食べる。

出雲麦茶なんてのが成城石井で売ってて、あれもレトロパッケージだった。
レトロパッケージに弱いのである。


1月16日 火曜 晴れ 旧暦 11月30日
d0101846_06401473.jpeg
今朝はあまり赤みもなくよが明けた。
天気予報を見ると、今日あたりから寒さは緩んでいくようだが。

慣例、冬のお楽しみ氷画像を撮った。
金属の容器に水を入れておくとよく凍る。
これは大きな鉄鍋の中に水を張っておいて作ったものを、家人が割ってその辺に転がしていたものが、再び凍った、というもの。

今朝はどうだろうと、もの好きにも外へ出て見てみたら、今朝のは指で押すとパリンと割れる儚い氷だった。

外は何か有機的な匂いが漂っている。土の腐敗臭のような、変な匂い。

........


お金ってなんなんですか、
と、震災後だったけど、誰かがお金の仕組みのこと言っていて、
今まで、そんなこと考えもしなかったので、
ああ、そうだったのか、と、深く頷いたのであるが、

洗脳の最たるものって、自分にとってはお金かな。

お金と仲良くなれない。

お金は怖い。

お金は汚い。

そう言われてそう染まってしまっていたかもしれない。

なるたけお札にも触りたくないし、小銭もいろんな人の手に渡って汚れているという感覚がどうしても抜けない。

その辺のところを、ちょっと変えて行きたいと思うておる。

totiさんを怖がらせるには札束や小銭を送りつけるのが一番である。
今のうちにね。 かもん!



8月7日 月曜 曇り 旧暦 6月16日
d0101846_06205143.jpg
台風のせいか、カーテンを開けたら、外が黄色かった。
何かと忙しい8月7日。

d0101846_06312200.jpg
梨の初もの。
一個食べてみたら、たまたまのハズレだったのかも知れないが、甘みまるで梨。と、ダジャレてる場合でもないが、なんだろう、気候不順のせいか。
去年はあんなに甘かった生産者直売梨。



暑い暑いとクーラーをつけ、体がやっぱり冷え込んでしまっている。
くるぶしから上20センチほどは、触っても冷たくなっている。
なんとかしなくては。
このまままでは喫茶店も入れない。
スーパーも冷蔵物の売り場は駆け足で通り過ぎねばならない。
なんとか、この星で適応していかないと。

この台風が過ぎ去ったら、自然の風の中に戻ろう。
また次が来るのかもしれないけどね。




2月15日 水曜 晴れ 旧暦 1月19日
d0101846_07581144.jpg
丸一日寝ていて、今日はだいぶ回復。
頭が重いのは寝過ぎかもしれない。
胃がしくしくするのと寒気が強かった。インフルなんだろうか。
それでも、朝のコーヒーが飲めるから大したことはないのだろう。
具合がほんとにMAX悪いとコーヒーは飲めなくなるから。

長らく寝込んでいなかったので、久しぶりに寝込みを楽しんだ。
youtubeでアドラー心理学 だったっけ、Eテレの見たり、いや聞いたりした。
相変わらず、Xファイルも観てる。フォックス・モルダー、ラヴだからね。



2月2日 木曜 晴れ 旧暦 1月6日
d0101846_07120369.png
いいふうに晴れている。
寒さも和らいで来て、そろそろ冬眠から覚める頃かしら。
日差しも強くなって来たし、もうすぐ桜が咲いてじきに夏になる、そんな、そんな、だけど、そんなふうなのだ。

もうちょっと氷で遊びたいよ。
毎日氷の写真を撮ってるが、ボツが多い。

今度は火の写真を撮ろうかな、いや、氷で蠟燭のドームを作ればいいではないか、とか、アイデアが浮かんだが、もう寒さはやってこないのだろうか。


1月27日 金曜 晴れ 旧暦 12月30日
d0101846_07020932.jpg

今朝はもう寒波は去ったのかと思いきや、まだ氷は張っていた。
今朝の日の出は赤に青が混ざってるふうで、よーするにオレンジ色ではなく、バラ色というか紫っぽい色で若干不気味であったよ。

ソファに座ったまま外の景色が見えるように、西側の壁に鏡を付けるということをやってみたり、やっぱりちょっと妙な人かもね⋯

画像は一昨日金属ボールの中にスミレの花を入れて凍らせたもの。
下のはお菓子の入ってた缶のフタに水を張って板状に凍らせたもの。
泡が氷になってなんとも綺麗。

スミレの前にゴミっぽいものが入ったのが残念だな。

今日は6時ごろの霜の降りる時間に噴霧器で霧を撒くという実験をした。
どういう霜が出来るだろうという実験である。
今日は霧が凍りつくほどの寒さではないかもしれない。
こうなると次の寒波が待たれるのだ。