6月7日 木曜 雨上がる 旧暦 4月24日
d0101846_20570905.jpeg
雨は上がったようだ。ずいぶん蒸している。
夜中にたくさんの雨がふったのだろうか。

睡眠は乱れぎみ、夜中に起きていた。
そして、お腹が減って寝られなくなり何か食べた。

なんだか静かである。車の音も聞こえない。


種はこんな小さなツブの中に全て遺伝子情報を詰め込んでいる。

種 シード

d0101846_07262628.jpeg
猫と人間はどこが違うのだろ。

猫は考えないのか、
猫に思いはないのか、

人は考える葦である、なぁんて、

そーそ、考えたことが電波になってさ、どこかに集められてる、そーんな話が好き。

えんま様は全ての個人情報を把握してたんだ。
えんま様ってAIだったのだ。笑
昔の人はAIは知らないけど、なぜかそのことは知っていた。 あれ? 笑

知能指数が一億だとか一京だとかいう存在がいるのよ。
どこかにね。

猫の指?はiPadに反応するのか試した事があるが、反応する。
肉球から電気は発しているようだ。ただ皮が分厚いので反応は薄い。




3月2日 金曜 晴れ?曇り? 旧暦 1月15日
d0101846_07042877.jpeg
インスタに既に出した写真ですが、この33この写真が気に入ってます。
33こは明日3月3日がお誕生日。丸一年ですね。

33ちゃんママはにゃごやの大都会の道端で暮らしているノラ猫さんです。
焼き鳥屋さんがお世話をしていたそうで、(焼き鳥の余ったの貰ったりしていたのかどうか。。。、ヨウジだとか、乾麺だとか、光ファイバーのコードだとかの、焼き鳥の串に似たものをやたら齧ります)

はやくクロリちゃんのようにどっしり落ち着いた猫になって欲しいものです。


しゃて、昨日は行ったんですよ。
秘密の生地屋さんに。ひみつですよ。うしし。
行った時間が中途半端だったので、すごい行列で、買い終わったのが12時半くらいになってましたね。
もっと早く行くか昼から行くかすればよかった。
1時間半は並んだことになります。
並ぶの嫌いな私には驚異的なことです。

私の後ろに並んでいた人はなんと、高速バスで富山から来たって!!
4時間掛かったそう! ひぇ〜!

何処も生地屋さんって少ないんですよね。
わかります、4時間かけたって来る価値はあるよ。

ここは生地屋さんがたくさんあるのでシアワセ。

買った生地はただ今配送中。楽しみだなぁ届くの。るんるん!

生地は配送して貰って手ぶらだったので、帰りに高島屋に寄って靴の補充をした。
この前靴買ったの3年くらい前みたい。
あ、去年ビリケンさん(じゃなくって ビルケン、ビルケンシュトックね)買ったっけ。あれは、病院とか行くときに便利。
脱いだり履いたりが簡単なのでスリッパに履き替える場所にはあれを履いて行くことにしている。
昨日は定番のアレを買った。

昨日は暖かかった。
インナーカットソーいち枚(ヒートテックは脱いだ)の上に中野ユカリさんのパターンのガウンコートを羽織って出たが、それでちょうどよい具合であった。








2月17日 土曜 曇り 旧暦 1月2日
d0101846_06393090.jpeg
今日は冷え込みがない。

昨日は腰がギクっとしてギクっとしたが回復。

自分って深い穴に潜る時ガス探知用に連れて行くカナリアみたいなところがある。
酸欠にすごく弱くて、炭火とかダメである。
前に地下にあるお好み焼き屋を出た途端目眩がした。酸欠だったんだね。
そんなことで真っ先にバッタリいくので他の人が助かるかもしれない。

季節柄、循環器系とかギックリ腰とか気をつけましょう。

と言ってもなんだかこの不調、神経のような気がする。
病気に逃げたい気が潜伏している気配。



B級の材木を仕入れた。
これから大規模なDIYが始まる。
春にはベランダでまったり♪



d0101846_06500563.jpeg


2月15日 木曜 曇り 旧暦 12月30日
d0101846_07165861.jpeg

天気は陰気である。
雨が降るのだろうか。

昨日は寒さ疲れなのか、胸の真ん中の肋骨の辺りが痛くなり、なんとなく具合画よくないのでソファにうずくまる1日であった。
緑色の小石を温めたものをタオルでくるみ痛むところに当てておくと気持ちいい。
今日もソファの人となるのかな。

オリンピックもやっているので、観たい気もするが二階に上がって観る気にもならず、まして、5秒ごとにチャンネルを変える同居人のこもり部屋に行ってテレビを観るなど論外である。

はやく気温がゆるまないかなぁ。

猫の刺繍が出来ているので出しておこう。
腹回りに横に広がる猫、、うまく着られるのか? 試着も億劫なので後回し。



記事追加

今日は図書館に返しに行く日だった。
「みさおとふくまる」という写真集。
これの写真はよくTumblrに流れてたので知ってる気になっていたが、一枚ずつになった写真では分からなかったストーリーが、やはり本ならではであった。

言葉は、ひと言だけ。

「お月様が照らす道を、おばあちゃんは、牛車に揺られて、お嫁に来ました」

お孫さんである写真家の伊原美代子さんが撮ったおばあちゃんと猫の写真集である。

言葉はひと言だけども、言葉のない絵本だった。
言葉がないぶん、余計に語っている。

d0101846_07544416.jpeg



2月10日 土曜 曇り
d0101846_20184327.jpeg
33こは手芸研究家なのか。
手仕事始めると忍び寄る。

d0101846_20190280.jpeg
じーっと見る。
じわじわ近寄る。

d0101846_20192972.jpeg
紐コレクターだったのか。


以前教えてもらったっけ、
「絵描きと名乗れば絵描きなのです」と。
そうなのだ、名乗ってしまえばこっちのもの。
絵描きと名乗るのはやっぱ無理なので、手芸研究家とでも名乗っておこうかしら。

料理研究家、片付けアドバイザー、なんとか評論家 などなど、なにやらわからぬ名前が横行。


.......


先日、ドラッグストアーに行ったら、運悪く二つあるレジ、両方男子老人がお勘定していた。
男子老人、早い話がお爺さんであるよ。

案の定、小銭をガチャガチャで一向にコトが済まない。
挙句、やっと払い終わったが、その場を退かない。
その場で財布にお釣りを仕舞ったりして大きなカートごとレジ前に居座り続ける。
仕方なくその小さいお爺さんの頭越しにカゴをレジの人に渡した。

一言言ってやろうとも思ったが、最初の言葉が出てこない。
こういう場合、おじいさん、なんて言っちゃったらマズいだろう、じゃ、どう言えばいい? おじさんも適当ではない。
こっちだってヒトにおばあさんだのおばさんだの言われたんじゃ腹が立つ。
女子老人の場合は奥さん、くらいに言っておけば角が立たないが、男子老人はどう言えばいい。

そうだ! おにいさん、と言えばよかったんだ。
「おにいさん、そこちょっと動いてくれませんかね」くらいだと、そう気も悪くないだろう。
なにせ、おにいさんには違いないのだからね。




今日の氷写真




1月20日 土曜 晴れ 旧暦 12月4日
d0101846_06225400.jpeg

昨日は歯医者に行くことができた。

(歯医者に行く? 医者に行く?ってふつー使うけど、ヘンだね、でも歯医者に行った)

今度、歯医者を変えたのだ。というより前に戻った。
しばらく若造の歯医者に掛かっていた。いい先生だったが、いつのまにか拝金主義に汚染されたふうに見受けられたのでやめた。

昔の診察券見て予約入れたのだが、どうも話が通じないなと思うたら初診日が8年となっている。平成8年なのか?
22年前ではないか。

行くと驚いたことにまだ同じ人が受付に座っている。
せんせーも、受付もビジュアル的には様変わりしてるが、患者である私も同じく経年。

おいるおいる わたしはおいる

こちらのせんせーは職人肌で歯のことに興味を持っている。

心配していた歯は虫歯になってはいなかった。
使いすぎで負荷が掛かっている、ということだった。

思い起こせば硬いものを噛みすぎた。

ピーナッツ、沢庵漬け、ゴボウ、などなど。

ストレスを歯で噛み砕くことで発散するタチなので、これは困りましたね。



;今日の拾い言葉 中山千夏の詩の一部 「おいる」より

いま
このときに
わたしはおいる

花の盛りに
小鳥たちの
さえずりに

おい
じゃなくて
おいる

わたしはおいる


......


ふわりと浮いて
ゆるゆる落下


......



どきどきわくわく
魅惑のトラベル

終点はどこ?

何がある?
たのしみでたのしみで

どきどきわくわく
わたしはおいる







d0101846_06452869.jpeg
スタンドのスイッチの玉が気になって気になって。

d0101846_06481068.jpeg
d0101846_06483614.jpeg





中山千夏 検索してたら、中村晃子さん発見。
今までで一番誰々に似てる、で言われたのがこの人でね。
ああそうだったか、こんなだったんだ、とか、思えば遠くへ来たもんだ的感傷に浸る。
その次に誰々に似てるで言われたのは、范文雀さんね。
あの方はもう亡くなったっのだっけ。

格言; 過去は思い込みで出来ている






1月10日 水曜 晴れ 旧暦 11月24日
d0101846_20535994.jpeg
北側の家の壁に朝日が反射して 北の窓から朱い光が差し込んでくる。
そうそう、この時期の光。

今日は じゃっかん睡眠が乱れた。いつもより起きるのが遅かった。



d0101846_20540941.jpeg

図書館で借りた、この本がよかった。

「猫ヲ読ム」というタイトルで、ハガキくらいの大きさの小さな本。
文筆家・漫画家が綴る、ネコセトラ というふうにまとめてある。
去年の末に出たばかりの本かな。

d0101846_20542522.jpeg

1ページめくるたびにこういう絵と共に二、三行の猫に関する文が紹介されてて、
電車の中やカフェで読むと、つい、ムハハ、だとか、ククククク、とかググっ、とかいうのどで笑う声が出てしまいそうなので注意がいるかも。

猫好きの人にはとても楽しめる本であります。

絵がいいよね。猫のことが大好きな人が描いたことがわかる絵。



:この本からの拾い言葉 (小池真理子)

猫のいる家というのは不思議なことに特有の気配があるものだ。


(その解説として)

家の中のどこかで猫がぐっすりと眠りこけているというだけで
家全体が暖かく、豊かに息づいて感じられる。




1月9日 火曜 曇り 旧暦 11月23日
d0101846_06152624.jpeg

やっと猫が寝た。
って、今、まだ夜明け前なんだけども、猫は朝ご飯を満足すると昼までは静かなのである。
それまでがたいへん。

「いったいどんだけご飯たべるんやぁ〜!!」

という下品な怒号が飛び交う我が家である。
もらえるまで戸棚に手を掛けてガリガリ爪を立てる。

もう根負けして、食べたいだけ食べな、って大量にあげると、案の定お腹をこわしているし。


今週中頃からまた気温が下がってくるようだ。
外の水道管に何か巻きつけておかないといかん。
ムスコんちのも、毎年ついでにやっておくが、あたいが消えた冬は水道管が凍って水が出ないという事態が発生するだろうことを、やつらは知らない。
そういう時は上の方からいひひと笑ってやろう。
一回自分で経験しないことには、人に言われても分からんのである。



d0101846_06290901.jpeg
33ちゃんのまだほんの子猫だった頃の写真。
ちゅーるに必死の形相でかぶりつく33。

ちゅーるって、ここ最近売り出されてヒットしている液体状の猫のオヤツなのだが、どの猫もこれが大好きである。
ぢろりちゃんもこれのおかげで何ヶ月か寿命が伸びたかもしれない。
薬を飲ます時もこれに混ぜてあげるとすんなり食べれる。

この時も爪をしっかり立ててしがみついているが、今はもう危険でこういうあげ方は出来ない。
お皿に絞り出してからあげる。手も血みどろになりそうだし、舐めるなんて生易しい食べ方はしない。アルミ製だかなんだか知らないが袋ごと食べてしまいそうな勢いだ。
(これ、危険だよね。野良猫なんかに袋ごとあげないようにというか、その辺に放置すると危険だよね)

お正月にネズミのお人形のぶら下がった猫の為のおもちゃを買ってあげたが、ものすごくコーフン。
その毛皮で出来た(何の毛皮か知らないが)妙にリアルなネズミ人形を食べてしまいそうな勢いなので、慌てて仕舞い込んだ。
こりゃダメだ…。、





1月5日 金曜 曇り 旧暦 11月19日
d0101846_06120999.jpeg
夜明けの時間が底ですねー。なかなか明けません。今日は曇りで余計に遅い。

今年の正月気分は早々と立ち去り気持ち的には平常ですが、世間はまだお正月休みなので、本など見てまったり過ごしました。

2007年にクウネルから出た「料理上手の台所」なぁんて本があったので見返してみました。2007年と言えばもう11年前なんですね。

今年は2018年で平成30年。 ちゃんと覚えられるかしらね。

この本クウネルから出てるので写真が素敵。
でもね、10年経つと、なぁんか違うよね。
クウネル自体が様変わりしちゃったくらいだしね。
今、なんとなく安置所っぽいインテリアが主流だよね。

私はやっぱり、このクウネル的な温かみも残しつつ、動き易く、料理がしやすいダイドコを目指そう、とか思ったのでありますよ。

ダイドコ兼居間の不用品の廃棄はほぼ終わっているのですが、うちは部屋が8つもあるのですよ。
まだまだ、先は長いのです。



ぶつぶつさんとこのようかんさん、なくなりましたね。
ぢろりちゃんと同じくらいに具合悪くなってたから、同じくらいに逝くのかな、なんて思ってたんだけど、ようかんさんがんばったね。
ぢろりちゃんより二ヶ月以上がんばった。
天国で会えるといいな、ぢろりちゃんとようかんさん。

d0101846_07161412.jpeg



1月2日 火曜 晴れ 旧暦 11月16日
d0101846_08222938.jpeg

睡眠過剰なお正月。
脳もふやけ気味。

今年正月休み長いのね。


d0101846_08291125.jpeg
d0101846_08294391.jpeg
失敗。
気づかれた。


d0101846_08310701.jpeg