人気ブログランキング |
6月13日  月  雨      旧暦 5月9日
d0101846_06002206.jpg
ベランダに置いていてよく伸びてフェンスに絡まっていたのだが、冬に室内取り入れを怠ったため、枯れちゃったね、やっぱり、と、すっかり諦めていたマダガスカルジャスミンに芽が吹いているのを今朝発見。
よく復活したね。
水もちっともやってなかったのに。
マンデビラという、最近流行っている夏に咲く蔓性の花も外に放置していてダメだこりゃ、と諦めていたのも芽が出ていた。

おお、みんなごめん、ごめん、お世話が行き届かずふてくされてたのね。
よし、復活したしちゃんと咲かせてみせよう。

この所また園芸熱復活の兆しで、昨日は野菜の苗を買って植え付けたり、花苗を買ったりした。
先月植えたモロッコインゲンが、小振りながらも成って来て、店で買うより柔らかくて甘くておいしい。
去年も野菜は植えたが、梅雨明け後、草に埋もれてしまった。
今年はどうなることやら。


庭の入り口

6月12日  日  曇り      旧暦5月8日
d0101846_07140980.jpg
d0101846_07044544.jpg
パソコンが固まってしまう、最近よくある出来事。
もうそろそろ次のことを考えておかないといけないのよ。
7年前のパソコンなんだけどね、、
なんなのよ、もうっ。
次はやっぱりiPad pro にしようか、それともノートパソコン系にしようか、迷うのだが、、どないしたものでしょうね。

一応方針は決めた。
壊れるまで、このパソコンを使って、次はやっぱりiPad pro+キーボードにしよう。

なに、大した事やらないのだし、ペンシルのいいのも出来てるし、追々進化もしていくだろうし、こういう方面で使いこなせるように今の環境で訓練してみる。

昨日は低気圧にやられて創作活動はできず。一日うつらうつらしていた。
で、着色もするつもりだったが出来ず。
花束モデルは、昨日のとは違うが、A4とはがきサイズにプリントしてみた。
色鉛筆で塗り絵なんていかがでしょう。
刺繍の図案にしてもいいよね。

これを何十枚か作って、なんとかしようではないか。
猫の絵シリーズも、何十枚か溜めてなんとかしようではないか。
ぱらぱら、ばらばらになにかするのでなく、集中して何か成し遂げんといかんバイ。



6月11日  土  晴れ      旧暦 5月7日
d0101846_06072801.jpg
きのうの楽しいことはこれだったんです。
ケシの花がもう時期が過ぎて葉っぱ等が黄ばんで抜いてしまいたいのですが、それでもまだ何個か花が咲くので、それがまたじつに愛らしいので、もうここまで咲き続けたのだから可哀相ですが摘み取って、こんな遊びをしてみました。

d0101846_06080860.jpg
うむ、こんなふうに絵の周りを飾るなんてのはどうだろう、とやってみたところです。
葉っぱや小花をプラスしてそれらしくなってきました。

d0101846_06085592.jpg
こういう花束ふうのもいいではないかとやってみたところです。

d0101846_06093161.jpg
こんなようなところで蚊取り線香炊きながら遊んでいるのでありますよ。
花摘みしながらね。

でね、これをどうするかというと、これをトレースして塗り絵図案を作ろうと思っておるのですよ。
ちょっと写真が小さかったですね。
d0101846_05450607.jpg

これをもう一回製図してみましょう。
paperはレイヤー機能が付いてないで困りますが、カメラに取り込んで見やすいように白黒に加工してやってみました。




4月18日  月  晴れ    旧暦 3月12日
d0101846_06270910.jpg
気候不順でなにかとぐったり。
きのうなんか朝は冬で夕方は夏よ。

洋裁もやり出すと速いが、毎日はできないね。

とっても共鳴する型紙のネットショップを教えてもらったので、さっそく取り寄せてみた。
イマイチしっくりする羽織りものの型が見つかっていないので、ここ、ワイルドベリーさんのボレロカーディガンというのを是非試してみたくなった。
ついでに、つばひろ帽子というのも。
雨降りが続いたので、ついでに生地もポチ。
こちら、型紙だけじゃなくて、それに合う生地も売っているので、生地の選択を間違えることが多い私にはちょうどいいかも。

ボレロカーディガンは簡単ですぐ出来ちゃったが、写真を撮る気力が今日はない。
元気が出たら今日は帽子を作りたい。

ボレロカーディガン、指定どうりニット生地で縫ったが、お試しに布帛でも縫ってみた。
伸びないので腕のあたりが窮屈。ニットだとオッケー。
でも布帛で作るとシルエットがぷっくりしてなんとも可愛いのである。
だもんで、なんとか工夫して動きが楽なようにできないものかな、と考えている。





4月7日  木  雨      旧暦 3月1日
d0101846_07460785.jpg
雨で桜はこれでおしまいですかね。
花は桜ばかりではないし、桜って言っても染井吉野だけが桜じゃないや。

この頃何か心の底に引っかかってるのだが、
(と言うのも、言葉でうまく表現出来るかどうかむつかしいのだ
‥我々がいだく夢というのは、誰かがもうすでにみた夢をなぞってるだけなのだ、、
とか言ってた人がいて、
ああ、考えてみればそうなんだ、誰かのみた夢をまるであたかも自分自身の夢のように思っているが、我々は自分自身で夢を作り出す事もできないのだ、
例えば雑誌にすばらしい写真があって、自分もこういうような生活をしたい、なんて夢を描いても、それは、雑誌が教えてくれた夢であって、
その雑誌だって、その夢のような生活を、一から考え出したのではなく、何処かから引っぱり出してきているのだ。

まったくのオリジナルのものなんて考え出す事が出来ると思う方が間違っている、
人間はそうビッグなものでなく、ほんまに小さく儚いものなのだ、というようなことを感じるのである。  (‥よくわかんないよね^^;)

このタンポポの花だって見てご覧なさいまし。
こういう形はフラクタル構造体と言うんでしたっけ、
同じ秩序で永遠に広がっていける形。
こんなの一体誰が考え出せる?  こんなのが普通に野原に咲いてて踏みつけられているのだ





今日の話とは関係ないけど、これすごくない?















10月30日  金  曇り    旧暦 9月18日
d0101846_07242357.jpg
あ、奥さん、「四方竹」出ました。美味しいですねアレ。デパ地下にしか売ってなくって。
昨日そろそろかなってんで、見に行ったら売ってました。
時期が限られてる食べ物っていいですよね。

さて、もう30日だなんて、ぼうぜん。着衣もすっかり厚着になって、今年は寒くなるのが早いなぁ、と感じますが、どうもこの頃は季節を先取りするっていう機敏性がなくなって、季節に追いつくのに必死、ということなのかしら。


さてさて歴史サスペンスですが、脳が腫れてきたものの、また新しい発見があり、ほんとうに何も知らずに今まで来た、ということに改めて気が付くのでありますが‥

こうなってくると中国の唐の時代の事ももっと知らなくてはならないということになってまいります。
え?それがみんな今の安倍政権の謎に繫がって行くのでありますよ。

ほんとうに、掛けてある絵の表側は美しい絵が描いてあるが、裏側の絵は想像を絶するおぞましい絵が描いてある、という表現がありましたが、まさに、まさに、想像を絶しますぞ。
ナドト、自分だけ解っててもいけないですよね、ちゃんと説明出来るようにまでなっていかないとね。
でもまだ誰も真実に到達してない推論ばっかりなんですけどね。


白玉椿がもう咲いてたんですよ。ちゃんとピントの合ったの里山ガーデンにまた後ほど出す予定ですが、このぼんやりしたのもなかなかお気に入り。
d0101846_07250461.jpg



10月13日  火  晴れ    旧暦 9月1日
d0101846_06515980.jpg
長靴が干してあるのではない。
夕方に庭の椅子に座って、暮れ行く空をながめているのでR。

ジョンレノンもマイケルジャクソンも言っているではないか。
「世界は狂人によって支配されている」って。

まったくアホらしいことよ。

ほんの一部の欲張りの人の為にね。

d0101846_07001344.jpg
庭グログ(里山ガーデン)も時々更新してます。ご覧あれ。


10月9日  金  晴れなのか曇りなのか   旧暦 8月27日
d0101846_07051367.jpg
地面から芽が出ていたので引っこ抜いたら、どんぐりであった。
ゴジラみたいに凸凹しているが泥がついているのであって、中は確かにどんぐりであった。
鉢植えの刑くらいにしておこうか。。
自分ちの庭、こういう樹が虎視眈々と陣地を狙っている。
うっかりすると、大きく育っていて、これじゃ近い将来原生林。

寒いですね〜。
10月の今頃ってこんなに寒かったかな。
昨日から、冬の服出し始めていますが。
金木犀は一旦咲いたんですけど、何かヘン。またつぼみが出てるみたいですが、あまり香りは漂いません。




5月9日  土  曇り    旧暦 3月21日
d0101846_07530832.jpg
なんという品種なのか分らないがこの白い蔓薔薇、今咲き出していて、薔薇石鹸の香りがするのだ。
薔薇石鹸の香りって変だ、薔薇の香りの石鹸なのだから、薔薇は薔薇なのだ。
敬意を表して、カタカナでツルバラと打つより、漢字で蔓薔薇と打っておく。

それと、クスノキの花は小さいが、量がハンパでないのでこれもいちじるしく香る。
そして、あちらこちらのご近所から柑橘類の花の甘い匂いが混じり合って、この時期ちょっと夢心地になるのだ。

だけども、これは家人など観察していて感じるのだが、こういうことにも地球の人々はほとんど無頓着。こういういい香りがムンムンしてるのに誰も気が付かないみたい。
身の回りの緑がひじょうに美しい。
うっそうと茂った緑の中を黒アゲハがひらひらと飛んで行く午後、そういう季節です。
蝶は毎日同じコースで飛び回る。




d0101846_06430350.jpg



















写真の整理をしていたらおもしろい写真が出てきた。
多分この青に反応したのかもしれない。

ん?誰だこれ?と自分でも思った程度に実物と違う写真だが、青と黄色の対比がなんだか捨てがたい。


4月10日  金  曇り   旧暦 2月22日
d0101846_07584645.jpg
相変わらず寒くて、そしてまた雲行きあやしい。
こうなると、洗濯にも支障がでるではありませぬか。
まぁ、地球の地軸がずれはじめているような状況なので気候がおかしくなっても仕方ないかと言った所でもありますが。

先日、ふと、枇杷の葉というのは、いろいろと霊験あらたかであるそうだという話を思い出して試してみた。
「枇杷の葉」というキーワードでぐぐっていただくと、色々出てきますが、葉っぱを患部に当てて、お灸をするなんてのも、たいへん面白いと思ったのですが、お灸を買わねばならぬし、それはまた次回ということにして、枇杷の葉茶と枇杷の葉湯なら簡単に出来るので、試してみたら、なんだかよいようなのです。
今年始めに歯根を患い、抗生物質を飲み続けたせいか、その後(多くは語りませんが)ちと具合の悪い事象が発生していたのだが、お茶を飲んですぐに改善の兆しが。
お風呂も、お湯がとろりと柔らかくなった感じがして、ぽかぽかと芯まで温まる感じで、十時前からコトンと寝て、夜明けまでぐっすり寝られましたわい。

そうそう、うちには前、大きな枇杷の樹があったのですが、なぜか枯れてしまって、その後、Mさんが種まきされた苗をいただいたのが、今年初めて少しだけですが、実をつけました。
実もおいしいけど、葉っぱも役に立ちますね。
そう言えば、昔、枇杷の枝を伐採して積み上げておいたのを、ごっそり夜中に持ち去られたことがありましたっけ。

桑の葉などもお茶になるそうですので、ちょっと今年は、そういう薬草魔女路線でやってみようかなと思っております。
病院で出される薬は信用なりませんからね(個人的意見)

花は、バイモというユリの仲間の花です。